null
null
コタ株式会社(小田博英代表取締役社長)は4月23日(月)、京都市中京区のホテルグランヴィア京都で「コタオール金賞サロン会」を開催。対象サロン212社334名、取引代理店30社67名が参加した。
同イベントは毎年1月に行われていたが、オール金賞対象期間変更に伴い今年から4月開催となった。挨拶にたった小田社長は、日頃の謝意を述べた後、今年の干支である「戊戌(つちのえ・いぬ)」について恒例の解説を行い「この1年皆様とともに「幸せ」を共有し、よりよい1年を過ごすことを願いたい」と結んだ。
次に2017年4月〜2018年3月に期間変更後初めてのオール金賞サロン表彰を行った。オール金賞サロンとは、旬報店システムの月間目標数値、旬報分析(売上高、総客数、パーマ客数など全11項目)すべてを1回以上目標達成したサロンで、今年は356軒(対前年対比97.5%)。その中でさらに年間目標を達成した「年間オール金賞サロン」は42軒(対前年比91.3%)。年間目標を達成し、12か月全て月間目標も達成した「パーフェクトオール金賞サロン」は15軒(対前年比150%)となった。オール金賞サロンの客単価は、技術売上、店販売上を合わせて9928円、カラー比率50.6%、ヘアエステ・スパ比率74.7%と高い比率となっている。「年間オール金賞サロン」「パーフェクトオール金賞サロン」の代表者57名は、小田社長より表彰状と記念品を授与され、小田社長にハグをして喜びを表す代表者もいた。
続いて今年のオール金賞獲得サロンを代表して2名が講演。売上構成比の中でカラー比率50%、ヘアエステスキャルプエステ75%、次回来店予約率80%実現し、6年連続年間オール金賞を獲得した株式会社groundの末林孝浩代表取締役が「なぜ年間オール金賞を目指したのか。6年連続年間オール金賞を獲得し、サロンにどのような変化が起こったのか」をテーマに。また今年で30周年を迎え、10店舗112名のスタッフで、コタ店販コンクールで常に上位入賞し、2018年度8個の月間オール金賞を獲得した株式会社アンの中村隆芳教育部長が登壇し、「組織でオール金」をテーマに講演を行った。
その後場所を移して行われたパーティでは、参加者同士が積極的に情報交換を行い、有意義な時間を過ごした。