NPO法人 美容週間振興協議会(尾崎隆司2018年度全国実行委員長)の奈良地区(河内和彦実行委員長)、阪神地区(靭尾正人実行委員長)共催で“女の運命は髪で変わる”をテーマに、フリーライターの佐藤友美氏の講演会が、4月30日(月)大阪市中央区のタカラベルモント(株)TBスクエアーにおいて、美容師と一般顧客を合わせて100名を集め行われた。
同セミナーは、美容室、美容師の技術やアドバイスでお客様の人生観を変える事ができる可能性がある、ということから美容師だけでなくサロンの顧客も集めた。
講演では主に(1)美容室に行かないと!と感じてもらう。(2)美容師と顧客の間にあるギャップに気づき、良好なコミュニケーションをもって美容室の利用を促す話をした。
まとめで、“髪は、もっとも自己肯定感につながりやすい”。自己肯定感とは、自分を大切に思う心。髪を切ってイメージチェンジして褒められることは、自分が褒められていると思える心をつくり自信につながる。だから、髪を切ったことで人生が変わると述べた。