null
null
null
null
null
関西のビューティーシーンをリードする9サロンによって構成されるMidousuji Beauty Collection(=MBC/金井武弘実行委員長)は、「関西の女性をもっと美しく」をコンセプトに美容やサロンワークへの質の向上をはじめ、スタイリストという仕事の楽しさを人々に浸透させるために様々なプロジェクトを行い、大阪のプロフェッショナル・ビューティを盛り上げる活動を行っている。
5月28日(月)、昨年に続き地元「大阪」のエディオンアリーナ大阪にて、融合を意味する「blending」をテーマにしたヘアショーを行い、美容関係者約3000人が詰めかけた。
参加サロンは、「CARE」、「Hair’s Gallery」、「K-two」、「MASHU」、「MODE K’s」、「NYNY」、「trico」、「遊人」、「Happiness」とゲストサロンの「Nicole.」(日本)、「theMINHair」(韓国)、「PRIVATEi SALON」(香港)。
ステージは「inspired Stage with brilliant woman for next generation」でスタート。チェンジ、クリエイティブ、リアルをステージテーマに若手スタイリストらしいパワーを見せつけた。ゲストステージのNicole.は「MODE IS BEAUTIFUL」を、theMINHairは「線と面の融合」を、PRIVATEi SALONは「CITY」をそれぞれテーマに個性あふれるショーを展開し、会場を盛り上げた。
人気ブランド「MURUA」とのコラボステージでは「redy up resort」を披露し、ラストを飾ったクリエイティブステージでは「動く髪」をテーマに、大阪府立芥川高校和太鼓部による和太鼓演奏をバックに光の表現方法とヘアショーを融合させた。
また、ショーの前に「300万円のスタイリストをつくる」、「」をテーマにしたセミナーも開催。