null
null
ハラ株式会社(原弘代表取締役)は6月4日(月)、ホテル日航大阪で取引先メーカーを集め「ハラ(株)平成30年度有力メーカー会」を開催した。
開催の挨拶に立った原弘康代表取締役副社長は日頃の謝意を述べ、昨今の市場動向を解説し「弊社の3月決算は増収増益で終えることができました。これもひとえに今日お集まりの各メーカー様のお陰と感謝いたします。当社は今年で創業91年を迎えます。100周年を目指すべく邁進してまいりますので、今後ともご支援をお願いいたします。」と引き続きの協力を呼びかけた。
次に峰野純治営業本部長が登壇し、54期方針発表を行った。54期のビジョンを「勝ち(価値)を高める!」とし、「相互信頼と共存共栄という思いを大切に今一度原点に返り、今日ご臨席の各メーカー様が生み出す「高い専門性・創造性」のある商品を弊社の「企画提案力・コミュニケーション力」をもって売上拡大に繋げ、目標達成のために貪欲にチャレンジする」と宣言し、協力を仰いだ。
次に阪本昇次(株)阪本高生堂専務取締役が仕入先を代表して挨拶を行い、尾崎亮介イリヤ化学(株)専務取締役の乾杯の音頭で歓談に入った。
活発な情報交換が行われる中、小林正和(株)ナンバースリー営業部課長の中締めでお開きとなった。