NPO法人美容週間振興協議会(滝川晃一理事長)全国美容週間実行委員会(尾隆司2018年度実行委員長)は、6月18日(月)、東京・渋谷の渋谷CONTACTにおいて、「GROOVY BATTLE 2018 Stage Two」を開催した。
「GROOVY BATTLE 2018」とは、精鋭の若手スタイリストによるコンテスト形式のヘアショーイベント。「ヘアスタイルに共感できるか」「ステージの内容がカッコよかったか」という基準で観客投票を行い。ステージの得票数上位2サロンが決勝へと進出する。
 当日は、以下の9サロンが参加。『afresca』『GARDEN』『HOULe』『IDEA』『KINOSHITA GAIEN STREET』『K-CUBE』『Le Clic』『ROSSO』『WONDER』。
 ステージ開幕の前に、まずは尾隆司実行委員長がステージ上に登場。各サロン、この日に向けて若手スタッフが中心となって準備してきたことに対する労いと、その力を思う存分今日のステージで発揮してほしいという期待を込めて、挨拶を行った。
 ステージのMCは、イベント委員会の木村文一委員長と女性スタッフが務め、いつもの通り歯切れのいい名調子で進められた。
幻想的で独創的な世界観を醸し出した『Le Clic』のステージを皮切りに、シンガーとのコラボで会場を沸かせた『ROSSO』、近未来的でクールなステージを展開した『KINOSHITA GAIEN STREET』など、各サロンともオリジナリティの高い演出で観客をくぎ付けにした。
9サロンのステージがすべて終了し、コンテストの結果発表の前に、DJ Que Sakamoto氏によるパフォーマンスもあり、盛りだくさんなイベントとなった。 
なお、観客の投票による審査の結果、『Le Clic』と『ROSSO』の2サロンが得票上位2サロンに選ばれた。4月17日(火)に開催された「GROOVY BATTLE 2018 Stage One」で選ばれた『apish』と『Neolive』の2サロンと合わせ、4サロンが9月4日(火)に行われる「ビューティーウィークフェスティバル」内で開催予定の決勝ステージに臨むこととなった。


冒頭、挨拶する尾隆司2018年度実行委員長


MCを務める木村文一イベント委員会委員長(右)


決勝に進んだ『Le Clic』のステージ


同じく決勝に進んだ『ROSSO』のステージ