国際文化理容美容専門学校(学校法人国際文化学園・平野徹理事長)渋谷校(荘司礼子校長)は第8回渋谷校学園祭を7月22日(日)、東京・渋谷区の同校校舎内で開催し、在校生、卒業生とその家族、高校生など多数の来場者が訪れた。
1号館 の4階ホールにはメインステージが設けられ「学生ヘアショー」、「ミス・ミスターおしゃれコンテスト」、歌やダンスなどの「学生パフォーマンスステージ」など様々なステージが披露され、どの催しも満席となった。
各階では模擬店、縁日、お化け屋敷、フードコートが設けられ人気を博し、またエステ、ネイル、ヘアメイクアレンジ、着付け撮影、フリーマーケットなどのコーナーも設けられ、行列が出来るほどの賑わいで、学生も来場者も楽しい夏の一日を過ごした。
また、今年は同校8号館で衣紋道高倉流たかくら会東京道場(荘司礼子会頭)主催の「ふたあいの会」が催された。大正4年の御大礼時に着用された実際の十二単が展示され、参加者たちはその壮麗さに目を奪われながら、仙石宗久宗会頭の「千年の時を超えて見る装束の歴史」と題した特別講話を熱心に聴講した。
また衣紋道体験や、学園祭との”コラボ企画”として8号館から1号館に亘るクイズラリーも行われた。
20180801-180722kokusaibunkashibuyadscf9645.jpg

20180801-180722kokusaibunkashibuyadscf9674.jpg

20180801-180722kokusaibunkashibuyadscf9669.jpg

20180801-180722kokusaibunkashibuyadscf9665.jpg

20180801-180722kokusaibunkashibuyadscf9770.jpg