大会委員長 平井克彦常務取締役

 (株)ミルボン(佐藤龍二代表取締役社長)では、9月8日(火)東京・国際フォーラムで「ホイルワークスタンダードコンテスト2009首都圏大会」を開催した。
冒頭、大会委員長の平井克彦常務取締役は「全国各エリアの優勝者も参加しているこの大会をレベルの高いものしていただき、一人ひとりの技術を通して将来を語れる場にして下さい」と挨拶。
このコンテストは、サロンカラーの高価値を生み出す“ホイルワーク”のベーシック技術を磨き、サロン全体のスタンダードを高めていくことを目的に05年から開催され、今回は210名の競技者に仙台・名古屋・大阪・広島・福岡の全国5か所の優勝者が参加。セクショニング5分、ホイルワーク35分間で67枚以上のホイリングの完成度の高さを競った。審査の間、中谷宏美氏(kakimoto arms)によるカラーリストの歴史とホイルワークのプレゼンテーションが行われた。おもな入賞者は次の通り。
●優勝/広瀬千恵子(ネオリーブ)
●2位/豊崎裕子(フレンズ企画)
●3位/松田梨江(志乃屋美容室)
●4位/渡部健太(横浜ハーベスト)
●5位/遠藤城昌(TOKO美容室 西武グループ)
●6位/三上真友子(TOKO美容室 西武グループ)

優勝を獲得した(有)ネオリーブの広瀬千恵子さんには、賞金と同社が2010年ニューヨークで開催するカラースペシャリスト研修が副賞として贈られた。