↑日本ロレアル(株)ビジネスエデュケーション部長の戸谷益三氏

日本ロレアル株式会社(ピエール-イブ・アルゼル代表取締役社長)プロフェッショナルプロダクツ事業本部(ヴィアネ・ピヴェ福社長兼事業本部長)は、9月15日(火)、東京・青山のフロラシオン青山にて、「サロン ブランディング セミナー」を開催した。同セミナーでは、サロンブランディングを展開するために必要な戦略の重要性を、実際にブランディングに成功しているトップブランドから実例とともに学んでいくという内容。
 第一部は、法政大学大学院教授の坂本光司氏による、「600社のフィールドワークで見出した『日本一』価値ある企業とは」と題した講演が開かれた。坂本氏は「日本で一番大切にしたい会社」という著書を持ち、同書に取り上げた会社の事例を説明。その中で企業経営とは5人(社員、社員を支える家族、顧客、取引先の社員、株主)に対する使命と責任を果たすものであると述べ、特に社員と社員を支える家族が大切だと述べた。
 第二部は、同社ビジネスエデュケーション部長の戸谷益三氏が、「明日からのブランディング実践」をテーマに講演を行った。戸谷氏は「好況でも、不況でも、強い会社(サロン)とは?」として「スタッフがワクワクして楽しく働いている会社」を挙げ、その要素を様ざまな角度から分析した。
 第三部は、「TB(トータル ビューティ)パーティ」と題して、「ビジネスマスターユニバーシティ2009」受講者を囲んだパーティを開催し、活発な情報交換が行われた。