1,620円

経営とサイエンス'18年03月号
 

経営とサイエンス\'18年03月号
■ダメージレスで持ちがよく、生産性アップにもつながる!
「時短パーマ」のススメ!


次号の特集では、長時間の施術がパーマ離れの一因になっている中、できるだけ施術時間を短縮できるパーマを追求します。しかも、短時間施術だからといって仕上がりがイマイチでは本末転倒なので、ダメージレスと持ちにもこだわります。経営的に見ても、料金は据え置きで時短のため生産性は高くなるところ、さらにパーマ+トリートメントやスパなど他の付加価値メニューを提案することで客単価がよりアップ。いいことづくめの「時短パーマ」にご期待ください。

クイック検索
 
キーワードを入力し、探している商品を検索します。
高度な検索