1,620円

経営とサイエンス'18年05月号
 

経営とサイエンス\'18年05月号
■スパ比率の高いサロンは実践している
“こすらないシャンプー”の研究


5月号では、これまでのゴシゴシとこするシャンプーとは違う、いわば“こすらないシャンプー”について特集します。その特徴は、「頭皮環境の改善」と「リラクゼーション」の2つの視点から考えられてできあがったもの、だということ。頭皮環境の改善としては、頭皮の角質を傷めない、必要な脂質を取り過ぎない、といった点に着目。また、リラクゼーションとしては、毎秒5センチ程度のゆっくりとした手の動きや指の使い方などに着目しています。また、“こすらないシャンプー”を実践しているサロンのスパ比率が高い、ということも特徴のひとつ。特集では、その“こすらないシャンプー”について、理論と技術、そして実験も含めてご紹介します。

クイック検索
 
キーワードを入力し、探している商品を検索します。
高度な検索