1,620円

経営とサイエンス'18年04月号
 

経営とサイエンス\'18年04月号
■グリオキシル酸、サリチル酸、レブリン酸の トリートメントの可能性を考える
「酸・熱」トリートメントの メニュー化を探る


4月号の特集では、グリオキシル酸、サリチル酸、レブリン酸などの“ 酸” を配合したトリートメントに着目します。これらトリートメントの共通項は、髪にツヤを与え、質感を柔らかくさせること。また、施術の際に熱の力を借りることも共通しています。そこで、こうした新タイプのトリートメント剤を「酸・熱」トリートメントと定義し、次回の特集では、そのトリートメントとしての特徴と使いこなしを探ります。
誌面では、すでに「酸・熱」トリートメントを活用しているサロンに登場いただき、(1)トリートメント効果の持続性、(2)当日施術毛のパーマやカラーへの影響、(3)繰り返し施術毛のパーマやカラーへの影響を検証します。あわせて今回は、同製品を導入しているサロンのメニュー実例なども紹介します。

クイック検索
 
キーワードを入力し、探している商品を検索します。
高度な検索