経営とサイエンス 次号予告

2020年10月号
2020年9月15日発売 定価1,650円
第1特集
来店サイクル長期化の中
グレイカラーの顧客満足度向上で売上アップ
0月号の第1特集では、長引くコロナ禍で売り上げの減少が予測される中、最も安定した来店が見込める「グレイカラー世代(50~70代」に向けてメニューをさらに充実させ、リピート率アップを狙う戦略を紹介していきます。コロナ禍でもっとも影響を受けるサロンメニューは「ヘアカラー」と言われています。グレイ世代においては、これをきっかけにホームカラーへの全面移行や、カラーだけは安売り店へという流れになることも充分予想されます。そうならないために、現在の顧客のニーズをいち早くキャッチし、そこに照準を合わせたメニューを開発していくことが急務。今回は、来店周期が長くなる方に向けて以下の3つの提案を検証します。
1.「伸びても白髪が目立ちにくい」で満足度アップ!『白髪を活かすカラーへの移行』
2.コロナをきっかけに増えるであろう『グレイヘアへ移行したい』をサポートする提案」
3.『ケア重視の会員制』でCSと来店頻度アップ
第2特集
“来店きっかけを高める育毛メニュー” 始めませんか?
新型コロナウイルスの影響によりお客様の来店サイクルが伸び、サロン売上が伸び悩むことが予想される中、お客様の来店動機をどう高めるかが課題となっています。10月号では、「育毛メニュー」を積極的に取り入れることで、お客様の来店動機を高め、サロン売上を回?する方法を探っていきます。「育毛メニュー」を導入しサロンの繁盛につなげているサロンの取り組みを紹介していきます。
● シェアする ●
トップへ戻る