経営とサイエンス 次号予告

2020年3月号
2020年2月1日発売 定価1,650円
第1特集
シャンプー台カラーでも色持ち良し!
プレックス系+液体&塩基性カラーで Wカラーの時短メニュー
長時間メニューであるブリーチオンカラーを、いかに短時間で顧客満足度の高い仕上がりにできるかは、現在もっとも求められている情報のひとつ。
そこで3月号では、普及が進んでいるジマレイン酸主体のプレックス剤と、まだそれほどすそ野が広がっていない「液体カラー」と「塩基性カラー」を組み合わせて、「ホイル+オンカラーの時短メニュー」をテーマに、もっとも効果のある使いこなし方をスタイル提案例とそのプロセスをご紹介。また、すでに「ブリーチオンカラーをしているベース」を対象に、2~3回目の来店の際に、お客様の髪のダメージと時間的な負担を減らしながら継続的に提案できるか、に焦点を当て、アプローチの仕方から実際のテクニック&レシピまでをわかりやすく解説してきます。
Part1
時短カラーのビジネスプラン
Part2
プレックス系+液体&塩基性カラーの時短提案スタイル例
Part3
サロンのメニュー化成功実例
Part4
実験! ジマレイン酸で本当に色持ちアップはするの?
Part5
プレックス系、液体カラー、塩基性カラーのおさらい
Part6
カラーテクニック&レシピ
第2特集
1月号~3月号連続企画
パーマで“差別化”パーマで“コト化”
パーマ達人が実践する失敗しないカットのアプローチ
“薬液の役割”をふまえ、パーマをかけない髪質も含め、パーマの達人たちは、どう髪質を整理して、薬液選定をしているのかを紹介していきます。

1月号「パーマ達人は“コト化”と“ストーリー作り”に成功している」
2月号「パーマ達人は髪質を見極め、薬液選定をシンプルにしている」
3月号「パーマ達人が実践する失敗しないカットのアプローチ」
● シェアする ●
トップへ戻る