経営とサイエンス 2020年1月号

2020年1月号
2019年12月1日発売 定価1,650円
  • 見どころ
    第1特集 グレイカラーをリタッチだけで帰すのはモッタイナイ! プラス30分のミニマムホイル&液体カラーで単価アップワンランク上のストレート

    ミニマムホイルとは?

    1. 少ない枚数でも効果を発揮するホイル配置
    2. トナーや液体カラーなど、シャンプー台での時短テク
    「リタッチにプラス30分以内、約3000円のミニマムデザインメニュー」を提案!
    昨今は、明るめグレイカラーがだいぶ普及していますが、デザインカラー(ホイルワーク)の普及はまだまだ。 そこで今回は、最小限(短時間)で最大限の効果を発揮する「ミニマムホイルデザイン」のテクニックとデザインに焦点を当てました。これまで ワンメイク→リタッチ→ワンメイクのサイクルでお帰ししていたお客様に、デザインカラーを取り入れていただくきっかけとなるメニュー「リタッチにプラス30分以内、約3000円のミニマムデザインメニュー」を提案していきます。お客様がトライしやすいメニューを設定し、単価アップと共に、本格的なデザインカラーへと繋げていきましょう。
    第2特集 パーマで“差別化” パーマで“コト化”
    昨年のパーマ利用率は15.8%まで減少し、メニューから外すサロンも現れています。 そんな今だからこそ、パーマは他店と“差別化”したいサロンにとって有力なツール。そこで、パーマを使った差別化を推し進め、“コト化”により顧客満足度向上にも成功し ている3人の美容師に登場していただき、彼らの取組みと薬剤選定-技術のポイントを3号にわたり紹介していきます。
    経営とサイエンス2020年1月号CONTENTS
    第1特集
    グレイカラーをリタッチだけで帰すのはモッタイナイ!
    プラス30分のミニマムホイル&液体カラーで単価アップワンランク上のストレート
    PART1
    ミニマムホイル+トナーで明るさと透明感アップ
    PART2
    リタッチ+ミニマムホイルで単価アップのアプローチ法
    PART3
    最小限で最大限の効果を出す3つのホイルパターン
    PART4
    毛束実験! ブリーチ、ライトナー、クリア剤の特徴を検証
    PART5
    実は重要! トナーテクニックとアフタートリートメント
    PART6
    ミニマムホイル+液体カラーで立体感と華やかさアップ
    PART7
    液体カラーのメリットとホイルワークに使う場合の注意点
    PART8
    テクニック&レシピ
    解説&検証/西海 洋(colon) 饗場一将(QUEEN'S GARDEN by K-two)
    解説&検証/西海 洋(colon) 饗場一将(QUEEN
    解説&検証/西海 洋(colon) 饗場一将(QUEEN’S GARDEN by K-two)
    PART9
    ミニマムホイルと液体カラーのメニュー化成功ポイントを聞く
    第2特集
    パーマで“差別化” パーマで“コト化”
    解説/DORI(hair & relax 優和)、篠原靖晴(boucle)、森越道大(NEUTRAL DOOR)
    連 載
    【PICK UP】生涯現場主義
    ブログ記事で先取りSNSなしで月200名集客! 顧客が新規を呼ぶ”ファン心理”福岡県飯塚市の美容室『ウェイクアップ フロム エレン』はSNSを使うことなく、口コミだけで月200名を集客。30年以上通う顧客を多く抱え、中には福岡の中心地や他県から車で1時間以上かけて通う熱心なファンも。前半は同店・構木順子代表にサロンの理念についてお話を伺い、後半はお客様へのインタビューを敢行。お客様がお客様を呼ぶ”ファン心理”を紐解きます。
    構木順子(ウェイクアップ フロム エレン)
    サロンのコンプライアンス
    スタッフの退職時のコンプライアンス
    失敗から学ぶお店の利益の把握の仕方
    DESIGN FOR SALON SPACE
    sowaca
    fuhcoh uomachi
    気になる新製品
    ESTESSiMO FACIAL SPA PLEACERT(タカラベルモント株式会社)
    NEWS&TOPICS
    おさらいベーシック
    最近、リキッドカラーや液体カラーって単語を 聞きますけど…。どんな特徴の剤ですか?…ってゆーか、これ同じモノ? 別モノ?
    「経営とサイエンスに出てくるケミカルのワードがわかりません」そんなメッセージが全国津々浦々から届いております。本当、説明不足でスミマセン。 読者の皆様の疑問にお答えすべくスタートした「おさらいベーシック」では本誌で使用しているケミカルワードを改めて解説します。
  • ● シェアする ●
    トップへ戻る