継承/結髪師

  • 書 籍
継承/結髪師
技術指導:小松希巳子
A4変型/124ページ
2002年10月発売 定価4,400円


美容の仕事、特に〔和〕の分野は、生涯現役が可能な仕事なだけに、なかなかむずかしいのが〔継承〕です。結髪の世界で、見事にその〔匠の技〕を継承している〔師〕と〔弟子〕のご登場いただき、〔和〕に寄せる想いと挑戦の一端をご披露いただきました。
結髪の代表格〔文金高島田〕の最新の典型
何百種類もある日本髪の中で、現代の花嫁に残っているものは、圧倒的に文金高島田。実は江戸時代の花嫁には、あまり結われていなかったとか。それより武家のむすめの髪型として普及していました。色気には欠けるが、格段に気品があり、格調の高さを感じさせるからだったようです。
〔師〕から〔弟子〕への想い、〔弟子〕の〔師〕への想い
〔技〕そのものは、時代を超えて受け継がれるもの‥。でも伝統を今に生かすためには、小さな改革の繰り返しが欠かせません。どこを忠実に守りぬき、どこを若い感性でアレンジするのか。いつの時代もこのチャレンジが、伝統を永く継承する核となってきています。〔師〕と〔弟子〕の技術+志の磨きあいも拝見させていただきました。
〔個性〕+〔ナチュラル〕=現代女性の〔自由な〕花嫁姿
日本女性にとって、日本髪の和装の花嫁姿は永遠の憧れのような存在。でも、憧れながらも、つい敬遠してしまうのもまた最近の現象です。身近なものとしてとらえるには、自分自身に当てはめるには、感覚的に遠く感じられているようです。結髪の格調は守りつつ、着付け方、メークアップ、髪飾りなどを工夫することで、新しい提案も提唱されています。
CONTENTS
前書き
Session1 山田雅道 喜多村泰就
Session2 大庭啓敬 橋本昇夫
Session3 大沼勇 岡本かおり
Session4 八木正夫 八木将行
Credits  作品一覧 衣裳クレジット クレジット一覧
● シェアする ●
トップへ戻る