BASIC CHEMICAL 改訂版

  • 書 籍
カーリング料や塩基性染料など
最新のケミカル知識を網羅
BASIC CHEMICAL 改訂版
2018年12月14日発売 定価4,104円
カーリング料や塩基性染料など
最新のケミカル知識を網羅
BASIC CHEMICAL 改訂版
1テーマごとに見開き2ページ。左ページは解説、右ページはイラストや写真で展開。
難しいと思われがちなケミカル知識が一目でわかる構成です。
サロンワークで使用されている薬剤の基本がこの1冊でわかります!




CONTENTS
Chapter1 毛髪科学
1 毛髪内部の基本的な構造
<資料>毛髪の階層構造
2 毛髪はどんな成分からできている?
3 毛髪内部の三つの結合
4 毛髪と皮膚
5 毛髪の種類と特徴
6 ダメージの原因とダメージ毛の特徴
Chapter2 皮膚科学
1 健康な皮膚の基本的な構造とその働き
2 肌トラブルを防ぐための対策
Chapter3 シャンプー&ヘアトリートメント
1 シャンプー剤が汚れを落とす仕組み
2 シャンプー剤の種類と構成成分
3 ヘアトリートメント剤の働き
4 ヘアトリートメント剤の構成成分
5 前処理・後処理としてのシャンプー &トリートメント
Chapter4 パーマ&カーリング
1 パーマのかかる仕組み(I)側鎖結合の切断と再結合
2 パーマのかかる仕組み(II)結晶領域と非結晶領域
3 パーマ剤1剤(&カーリング料)の基本組成
4 パーマ剤2剤(&カーリング料)の基本組成
5 パーマ剤の見分け方
6 カーリング料の特徴
7 「水巻き」と「付け巻き」はどう違う?
8 軟化と放置タイムの関係は?
9 中間水洗はなぜ必要?
10 2剤の役割と種類
11 薬剤選定の基本的な考え方
12 ホット系ってなに?
Chapter5 ストレートパーマ
1 ストレートパーマの仕組みと種類
2 髪は熱で変性する?
3 ビビリ毛発生の原因と対策
Chapter6 ヘアカラーI(染毛剤)
1 メラニン色素と毛髪の色の関係
2 染毛剤の種類と特徴
3 酸化染毛剤の染毛の仕組み
4 過酸化水素(OX)濃度による脱色・染色の違い
5 イメージ通りに染毛するための考え方
6 同じ色味(色調)の染毛剤の選び方
7 塗布順の重要性
8 低アルカリタイプの特徴
9 褪色の仕組みと予防法
10 1剤、2剤混合、放置時間の重要性
11 黒染めを明るくする方法
12 カウンセリングの重要性とパッチテスト
Chapter7 ヘアカラーII(染毛料) Hair Color
1 染毛料の染毛の仕組み
Chapter8 スタイリング
1 スタイリング剤の種類と特徴
基礎用語集
column 1 タンパク質とPPTとアミノ酸
column 2 酸性・中性・アルカリ性
column 3 界面活性剤
column 4 化粧品と医薬部外品では何が違うの?
column 5 酸化と還元
column 6 ヘアカラーの外箱表示について
column 7 ヘアカラーとパーマの同日施術提案
column 8 シリコーンについて
● シェアする ●
トップへ戻る