オンラインニュース
プロダクツニュース
全国のイベントガイド
全国の美容学校
美容師になるためには
カットの基礎用語
美容業界リンク集



2007年05月 のニュース




'07/5/29
京都理容美容専修学校 第9回ヴィダル サスーン スクールシップ スチューデントカットコンテスト京都大会開催


学校法人 京理学園 京都理容美容専修学校(笹倉博之校長)は、5月29日京都市の京都会館会議場において、第9回ヴィダル サスーン スクールシップ スチューデントカットコンテスト・京都大会を開催した。
このコンテストは、ヴィダル サスーンスクールシップとして提携を結んでいる全国の養成施設を対象に、本年9月11日、東京・幕張メッセで開催される同大会の京都理容美容専修学校の予選会として行われた。コンクールには理容科、美容科を合わせた2年生103名が出場し技を競った。入賞者は次の通り。
●最優秀賞/平塚友里 2位/石本真理子 3位/清遠鮎美 4位/奥村彩 5位/國友あゆみ。(なお、予選通過者は上位25位まで)。



'07/5/25
ホーユー株式会社 創立85周年記念事業 オープンイベント開催



ホーユー株式会社(水野新平社長、水野金平会長)は、創立85周年記念事業の一環として、5月25日(金)〜6月28日(木)までの35日間、名古屋市のセントラルパーク「パークスクエア」において、ヘアカラーの歴史とヘアカラーの楽しさを伝える国内初の展示会「Color your heart Museum」を開催する。
展示会開催に先立ち、初日の5月25日(金)12時より、オープニング式典を開催した。まず、水野社長が「女性が髪の毛の色を思い通りに染めてお洒落をする、という行為が始まってからまだ100年あまりしか経っておらず、ヘアカラー文化はまだまだ新しい文化です。弊社は株式会社になって85年、創業から102年。ちょうど、ヘアカラーの歴史と社歴がオーバーラップしています。今回歴史展示ゾーンで紹介しているのは、ヘアカラーのパイオニアとして、ヘアカラーの歩みを記録として留めるのが弊社の使命として集めたものです。今まで紹介する機会がなかったのですが、85年を記念に実現できました。展示ブースは、ヘアカラーの流れが一目でわかり、ヘアカラーの知識をこの場で得てもらうように工夫してあります。35日間という短い期間ですが、一人でも多くの方にヘアカラーの楽しみ、理解を深めてもらえれば、と思います。」と挨拶を行った。
次に、同社商品「ビューティーン」のイメージキャラクターを務めるタレントのベッキーさんを迎え、水野社長、水野会長とともにテープカットを行った。その後ベッキーさんは、展示ブースのアトラクションゾーンで、自分の顔を映した画面上でいろいろなヘアカラーとヘアスタイルをバーチャル体験できるヘアカラーシミュレーションを行った。

展示ブースは3つのゾーンに分かれている。
@ヘアカラーの歴史をビジュアルを通じて紹介するヘアカラーの歴史展示ゾーンA自分にあうヘアカラーや毛髪・頭皮チェックなどが体験できる来場者参加型のアトラクションゾーンBヘアカラーに限らず、カラーに関する専門家や地元のモデルの方に「美とカラー」について語っていただいたり、「もっと美しくなりたい」という女性たちのために、プロならではのアドバイスを紹介するコミュニケーションゾーン。
尚、会場となるセントラルパーク「パークスクエア」は、地下鉄名城線・桜通線「久屋大通」駅より約徒歩2分。地下鉄東山線・名城線「栄」駅より徒歩約3分。名鉄 瀬戸線「栄町」駅より徒歩約3分のところに位置する。



'07/5/22
HAIR ASIA JAPANが記者会見 日本とフィリピンの美容文化の掛け橋に



今年1月に発足した「HAIR ASIA JAPAN・ヘア エイシア ジャパン(松本泰知会長)は、5月22日(火)、東京・新宿の京王プラザホテルにフィリピンの「ヘア エイシア」代表取締役兼C.E.Oのエヴェリン・アルヴァラン-クルス氏を招き、記者会見を開催した。
ヘア エイシアは、同女史が1989年に始めた美容専門誌に命名したもので、以降今日まで18年にわたってフィリピンの美容文化の発展に貢献してきた。特に若いヘアスタイルやメイクアップアーティストの育成には大きな役割を果たし、現在年2回開催されている技術コンテストでは約8,000名の参加を集めるまで成長している。また、昨年念願の「ヘア エイシア基金」を設立し、美容師の生計の維持やトレーニング環境の提供も進めている。
会見で、エヴァリン女史は「今年1月にスタートしましたヘア エイシア ジャパンとは、単なる技術交流だけでなく、お互いの文化や価値観を分かち合うことができると確信しています。そして将来的には日本とフィリピンの社会と経済の強化、架け橋となれるよう期待しています」と語った。
続いて挨拶した松本会長は、今年10月2日(火)に「ヘア エイシア ジャパン」初の活動となる「第1回ヘア エイシア ジャパン コンペティション レディースカット」の開催を発表。将来的にはヘア エイシア ジャパンの基金も設立し、日本では障害者のために有効利用していきたい旨の抱負も語った。
なお、ヘア エイシア ジャパンへの入会、コンぺティションの問い合わせは同事務局(TEL:042-667-2373)まで。
 



'07/5/21
2007年サムソン全国大会  「〈Gain〉Neo Common Sense」をテーマに開催


5月21日(月)、名古屋市のウエスティンナゴヤキャッスルにて2007年サムソン全国大会(株式会社サムソン/野村真薫社長、サムソンビューティチェーン協同組合/友松幹雄代表理事 共催)が開催された。昨年に引き続きテーマは「ネオ・コモンセンス」。サブタイトルに「NEXT WAVE〜私達が発信させる次の時代〜」が加わった。参加者は、全国の直営を含む加盟サロンのスタッフ、来賓を含む約1,300名。
国家、社歌斉唱、友松幹雄大会会長の挨拶などに続き、122名の新人紹介、勤続5年59名と同10年15名の表彰、33名のチーフ認証、14名のマネージャー・本社店長認証、5部門(技術売り上げ、1人当たりの売り上げ、店販売り上げ、総売り上げ、有効顧客数伸び率)の業績表彰、ジュニアMVP、MVPの発表・表彰と続き、野村真薫大会会長の挨拶、理念・主張唱和で式典を終了した。
休憩を挟み、業績改善実例発表会が行われた。これはサムソンチェーンが昨年10月より中堅中小企業向け情報サービス会社、株式会社ベンチャーリンクにコンサルティングを依頼し、業績向上、自立、サムソンとしての強みの強化を目的に改善運動を行っているものの途中経過の発表となった。成果創出に向けて、ベースとなる職業観・人生観の醸成からはじめ、仕事の仕方・考え方、そして最後に知識・スキルの習得につなげる。また、3つの「きょうそう」として「競争」「共創」「共走」を挙げ、ナレッジマネージメント(現場の知恵を集めて素早く流す)、ベンチマーケティングなどの考え方とその実践が紹介された。各サロンにおいて5点満点のアンケートを取り、サロンごと地区ごとに改善会議を行い、売上向上につなげていこう、という活動につなげている。その成果を発表する場として、「S−1グランプリ」という売上コンテストも開催。スタッフ8名で店販100万円、技術利売り上げ800万円(昨年12月)を達成した実例があわせて発表された。
懇親会では、野村真薫大会会長より「サムソンは来年35周年。そのためには原点回帰し、創設当初の目標である『世界のサムソン』を実現したい」、野村貢造大会名誉会長から「一度しかない人生うをこの仕事にかけた。大いにやりましょう!」と決意が語られた。



'07/5/18
デミ ヘアサイエンス スクエア 大阪がオープン



日華化学株式会社 デミ コスメティクス(龍村和久プレジデント)は、デミ ヘアサイエンス スクエア 大阪を開設。5月18日その内覧披露を行った。
同スクエアは、地下鉄・御堂筋線「心斎橋」駅より徒歩5分に位置するビルのB1Fで、広さは約70坪。実験台(+セット面2面)、シャンプーブース、セミナールームを備え、毛髪化学と共育を核とするデミ コスメティクスのコミュニケーション・スペースとして、顧客である美容師との情報交換、お互いを高めあう「共育」「研究」「マーケティング」の3つの機能を満たす施設として活用していく。
なお所在地は以下の通り。
大阪府大阪市中央区南船場4−7−6 心斎橋中央ビル B1F
TEL:06-6245-7621



'07/5/17
ホーユーがダニエル・ギャルビン来日懇親会開催



ホーユー株式会社(水野新平代表取締役社長)は、5月17日(木)、東京都文京区の椿山荘において、「ダニエル・ギャルビン氏来日に伴うメディア懇親会」を開催した。
懇親会は、世界的なヘアカラーの権威であるダニエル・ギャルビン氏と柿本榮三氏(株式会社柿本榮三美容室代表)の両氏による対談で進められた。日本と英国のヘアカラーブームの歴史や背景、両国のヘアカラー文化の違い、サロンに求められるものなどについて、英国と日本においてヘアカラーの普及を牽引してきた両氏ならではの視点で対話が交わされた。
ダニエル氏は、「日本のヘアカラーの教育は世界的にも特別であるが、今後も教育は最も大事である。製品が洗練されてクオリティが高まっているぶん成功も失敗も美容師の技術にかかっており、それ故、私たちは学び続けなくてはならない」と述べ、美容師及び美容業界への思いを締めくくった。なお、同氏は2006年に大英帝国勲章(OBE)を受勲している。



'07/5/15
プランニング・ビーがPartner's Salon Communication Partyを開催



007 Planning Be Partner's Salon Communication Party
会場
主催 株式会社プランニング・ビー
取材記者 峰島
東京都葛飾区に本社を置く美容ディーラー、株式会社プランニング・ビー(池田幸三代表取締役)は、5月15日、「2007 Planning Be Partner’s Salon Communication Party」を開催した。
この会は今後の美容マーケットを見据えた美容室経営を真剣に考えるためのコミュニケーションを目的として、同社が開催したもの。ショーや講演のようなイベントではなく、サロン経営陣、幹部スタッフ、メーカー各社の営業担当者などが活発な情報交換を行える場となった。
池田代表取締役は、冒頭の挨拶で、美容ディーラー業で材料屋さんとして親しまれる以上に、提案型の美容商社として存在感を強めていきたいという趣旨の抱負を述べた。同社の営業マンの朝礼風景なども紹介され、提案のない話し合いはただの雑談と位置づけている等、意識的な姿勢を伝えた。
会場となったのは東京タワーの足元にあるレストラン「GARB pintino」で、参加者はガラス張りの店内から見上げるタワーの迫力ある風景を楽しんでいた。



’07/5/14
全日本理美容健康保険組合が設立式典・祝賀会を開催



今年4月1日付で設立の運びとなった全日本理美容健康保険組合(本岡 仁理事長)は、5月14日(月)、東京・新橋の第一ホテル東京に組合員、業界関係者などを招き、設立記念式・祝賀会を開催した。
佐藤正博常務理事の進行で第1部の設立記念式典が開会。挨拶に立った本岡理事長は「景気回復と重なるように人手不足が目立ってきている。業界でも今後ますます人材確保が課題で、組合設立がその基礎となれるよう期待している」と抱負を述べた。続いて設楽将義事務局長が、組合の加入案内を参考に現況について説明、11名の議員が紹介され式典は終了した。
第2部の記念講演では野球評論家の広岡達朗氏が、話題のプロ野球球団の裏金問題や高校野球の特待生制度問題などにも触れながら、自らが野球を通して経験してきた哲学や知恵を披露。豊富なエピソードを交えた語りに、出席者は一様に耳を傾けていた。最後に広岡氏は何事でも心構えのあり方が大事で「怒らず、恐れず、悲しまず」という姿勢が秘訣になると結んだ。
第3部の記念祝賀会では、来賓として出席した萩原健司氏が挨拶を行うなど、和やかな雰囲気の中で懇談が続いた。

なお、同健保組合への加入は社会保険加入期間が3箇月以上あることなどが要件となっており、今年度の保険料率は77/1000(政府管掌健康保険料率は82/1000)。同健康保険組合への問い合わせはTEL:03-5424-6071まで。



'07/5/14
第34回ハラ親交会 開催



ハラ株式会社(原弘代表取締役社長)は5月14日(月)、京都市のホテルグランヴィア京都において、ハラ株式会社の代理店で構成されているハラ親交会(赤木一夫会長=株式会社明豊社長/神戸市)の第34回ハラ親交会を開催した。
 総会の後、京都生まれで京都育ちの噺家・森乃福郎さんをゲストに迎え「頭のストレッチ」をテーマに講演会を行った。森乃さんは、参加者にクイズを出し、普段から柔軟な物の考え方をする為の心掛けや頭を使う訓練方法などを披露し、おなじみの落語「時うどん」で講演を締めくくった。
続くハラPRタイムでは、各メーカー担当者が、ホット系パーマ機器「BACIO W=バーチョW」と保湿スキンケアジェルクリーム「東京シアターダンススタジオプロ・アイ」の紹介を行った。
「BACIO W」は、@1台で2人同時に施術可能、A温度とタイムは別々に設定でき、温度設定は40℃、60℃、80℃、100℃、タイムは1〜30分で1分きざみで設定、B使用する専用剤はシステアミン、Cロングロッドや円すいロッド、極太ロッドなど様々な種類のロッドを使用できるのが特長。また「東京シアターダンススタジオプロ・アイ」は、長時間くずれない、しっかりメイクが必要な舞台女優やタレントの「こんな化粧下地があったらいいのに!」という要望から誕生したクリームで、マイクロコラーゲン、グルコシルトレハロース、オリーブスクワラン、シアバター、ビタミンE、シコンエキス、紫雲膏など、安全と考えられる素材成分だけを配合している。
引き続き懇親会では原社長が「ハラ親交会も皆様のお蔭様で34回を迎えることができました。ありがとうございます。今回の開催地である京都は、変わらない伝統を大切にする姿と三条や四条にある斬新な建物などに代表されるように、新しいものを追い求めていく姿の両方を持っています。私たちも伝統、信用を大切にしながら、新しい方向に向かってチャレンジしていきましょう。」と挨拶し歓談に入った。
 





バックナンバー一覧

build by HL-imgdiary Ver.1.25



ページトップへ