オンラインニュース
プロダクツニュース
全国のイベントガイド
全国の美容学校
美容師になるためには
カットの基礎用語
美容業界リンク集



2007年06月 のニュース




'07/6/26
国際文化理容美容専門学校で第10回ヴィダルサスーン・スクールシップ スチューデントカットコンテスト校内決勝大会開催 



学校法人国際文化学園 国際文化理容美容専門学校(武市昌子校長)は、6月26日(火)、東京・代々木の国立代々木競技場第二体育館で「第10回 VIDAL SASSOON杯 CUTTING CONTEST 校内決勝大会」を行った。
秋に行われる同大会の全国大会の出場権を賭け、渋谷校、国分寺校あわせて総勢120名の出場者が、日頃から研鑽を積んだ技術を競い合った。熱気に包まれた会場につめかけた応援の学生・父兄は、声を限りに熱い声援を送っていた。
表彰式では場内からいくつもの大きな歓声があがり、上位入賞者は喜びの声を上げ、周囲は暖かく祝福をしていた。

なお、この日の1位から5位までと他入賞者87名、合計総勢92名が全国決勝大会に出場する。1位から5位までの入賞者は以下の通り。
1位 遠藤 省生 (渋谷校Aクラス・右写真の右)
2位 浅田 成美 (国分寺校Iクラス)
3位 近藤 蘭夢 (国分寺校Aクラス)
4位 小泉 孝徳 (国分寺校Cクラス)
5位 児玉 みのり(国分寺校Eクラス)



'07/6/25
学校法人 京理学園 京都理容美容専修学校                    TADAO ARAI Hair SHOW Up Styling 2007開催 



学校法人 京理学園 京都理容美容専修学校(笹倉博之校長)は、6月25日、京都ホテルオークラにおいて、TADAO ARAI Hair Show Up Styling 2007を開催した。
このイベントは、同校の本年度1年生より新カリキュラムとして採用されるアップスタイリングの授業を全国新井会メンバーが担当することを記念し、新井唯夫氏を講師に招き行われた。
新井氏は「本年度のテーマは“ロック”。爆発する、壊すという気持ちが好き。ファッションやおしゃれでも、わがままでいたい。絶対に人には負けない!という気持ちに変えれば、美容にも役立つだろう」と述べ技術展示に移った。ステージでは、美しく仕上げるアップデザインの中に、少しくずした部分をバランスよく組み合わせ、ブライダルスタイルやブライダルゲストのスタイルを披露した。



'07/6/19
日本パーマ協会が設立2周年記念イベント「PERM INNOVATION 2007」を開催



日本パーマ協会(以下JPA・佐藤律代表)は6月19日(火)、東京・青山のホテルフロラシオン青山にて設立2周年記念イベント「PERM INNOVATION 2007」を開催した。
第1部で佐藤代表による開会の挨拶の後、前日18日(月)、東京・汐留のASK TOKYO で行われたパーマデザインコンテストの詳細について、実行委員長の斉藤充弘氏(RED HOT代表)が報告。A部門・パーマ部門、B部門・カット&パーマ部門に106名が競ったコンテストの入賞者も登壇し、受賞の喜び、感想などを述べた。
続く「成功サロンのトップシークレット事例を公開」と題したトークセッションでは、内田昇氏(TOM&SUSIE FACTORY代表と熊谷きゅうえい氏(9A代表)がホストに、山梨県甲府市と南アルプス市で4店舗をサロン展開する「VENTO」の雨宮健太氏が登場。4店舗・スタッフ数32名でパーマ比率45%(90日以内来店で75%)、平均客単価9,500円、年商2億4000万(2006年度)という事例を紹介しながら、同協会参加前と参加後での自身の心境の変化や体験談、自サロンのパーマへの取り組みや成功のポイントを披露した。
第2部では全国の会員サロンの中から選ばれたメンバーによるデモンストレーション「パーマを活かしたこれからのデザインを提案」を披露。佐藤代表の進行のもと、長野支部の松本淳氏(J-STYLE代表)と成迫博氏(NARU P代表)が、モデルにパーマ施術を行いながら、それぞれのデザインのポイントを解説。また、同時進行の形で、同協会のアドバンスイノベーターによるパーマデザインがモデルによって展開された。
最後に「PERM INNOVATION 2007」実行委員長の竹内勉氏(トムの庭代表)の挨拶で閉会。懇親会では、参加者は同イベントの成功を祝った。



'07/6/12
滝川がエステジュールセミナーを開催 中井美穂氏&小山裕子氏による対談も



滝川株式会社は6月12日(火)、同社第二本社ビル4階ホールで、滝川エステジュールセミナーと講演会を開催した。滝川エステティック学院OBのエステシャンで組織され、エステ情報交換やスキルの研修を中心に活動しているもの。
この日のセミナーはまず、ソークオフタイプのジェルネイル『AKZENTZ(アクセンツ)』を用いたネイル技術のデモンストレーションでスタート。会場から体験希望者を募り、同学院講師がネイルを施しながらその特長や機能について説明する内容で、施術を受けた参加者は一様に満足の表情を浮かべていた。
続いて新たに導入した『STONE THERAPY(ストーンセラピー)』の技術展示が行われ、45℃程度に温めた専用の石による「ホットストーンセラピー」のテクニックを、モデルを使って部位ごとに披露。「ストローク」、「レイアウト」と呼ばれる主要なテクニックの使い分けや、機能、効果などに、参加者の関心が寄せられた。
メインとなった講演会は、フリーアナウンサーの中井美穂氏と株式会社アシェット婦人画報者のエディトリアルディレクター・小山裕子氏が登場して対談を行った。『美しさの源は自分らしく生きること』と題して、お互いの生き方や仕事に向き合う姿勢などについてユーモアたっぷりのエピソードを交えて披露。最後にお互いの体験を通して感じた美容やエステの魅力、身体に直接触れる美容師やエステティシャンの仕事の価値や大切さを自らに引き寄せて語った。



'07/6/12
kakimoto armsがスーパーナチュラルウィービングセミナーを開催



kakimoto arms(柿本榮三代表)は、6月12日(火)、東京都港区のハリウッドホール(ハリウッドプラザ5F)において、「スーパーナチュラルウィービングセミナー」を開催した。
第6回目を迎える今回のカラーリストセミナーでは、「ULTRA BLEND 〜変化する素材、進化するデザイン〜 」をテーマに、大人の女性のためのヘアカラーデザインを提案した。ウルトラブレンドとは、素材の変化を楽しむ大人の女性を「その人らしさの存在感」「カラーブレンドの存在感」「カラースペシャリストの存在感」で輝かせること。
デザインごとに「MILD RICH」「VOLUME RICH」「PLATINUM SHINY」の3つのステージに分かれて、kakimoto armsのカラースペシャリストたちが最新のウィービングテクニックとグレイヘアへのアプローチについて解説した。参加者は施術プロセスに熱心に見入り、質疑応答も交わされていた。



'07/6/11
ウエラジャパン株式会社主催                             Trend Vision award 2007 大阪エリアファイナル開催



6月11日(月)、大阪市中央区のウエラジャパン椛蜊繝Xタジオにて、ウエラジャパン株式会社(浅野潤代表取締役社長)主催の恒例イベントであるTrend Vision award 2007 大阪エリアファイナルが開催された。一次審査のフォトコンを通過した36ユニットが出場し、ジャパンファイナルを目指し作品を創作した。大阪エリアファイナル通過者は10名の予定だったが、レベルが高いと評価を受け11名が、ジャパンファイナル出場に選ばれた。
大阪エリアファイナル通過ユニットは次の通り。
●松葉鮎子・水脇泉(YAYOI〜BRAINS EST-Villa)、山田悦子(YAYOI〜BRAINS EST-dew)、澤井祐樹・小林奈央(Hair’s Gallery)、MAKKY・知世(Red Pepper)、藤田雄樹・東田聖子(ELLY LONDON)、大塚雅也(SOHO Clue…)、黒木利光(シャウル・デッサン)、竹内留美・高橋永(CUT HOUSE SIEN)、松坂武志・YUI(ROOTS INTERNATIONAL)、五十川リエ・今田歩美(YAYOI〜BRAINS)、山田祐司・岩永真知(Be-fine becs)。





バックナンバー一覧

build by HL-imgdiary Ver.1.25



ページトップへ