オンラインニュース
プロダクツニュース
全国のイベントガイド
全国の美容学校
美容師になるためには
カットの基礎用語
美容業界リンク集



2008年04月 のニュース




'08/4/22
『ロレアル プロフェッショナル プレゼンテーション/EXTRAVAGANZA〜オンステージ〜COLLECTION』を開催



日本ロレアル株式会社 ロレアル プロフェッショナル事業部(ヴィアネ・ピヴェ プロフェッショナル プロダクツ事業本部長)は4月22日、東京・新宿区の明治安田生命ホールにて『ロレアル プロフェッショナル プレゼンテーション/EXTRAVAGANZA〜オンステージ〜COLLECTION』を開催した。前半はロレアル プロフェッショナルから、Color Expert Salon Systemの@技術A商品BコミュニケーションCサロン環境Dトレンド情報EシステムサポートF広報活動の7つのコンセプトが発表され、同社のカラーが提案する「ワンメイクカラー」「ナチュラルコントラストカラー」のメニューが紹介された。後半は、パリ発の2008春夏コレクション『EXTRAVAGANZA〜オンステージ』からインスピレーションを昇華させた、サロンワークに役立つ最新トレンドという切り口でのデザイン提案がステージ上で繰り広げられた。Acrobatsをキーワードに「動」の女性像を宮村浩気氏(afloat)が、Dancersをキーワードに「静」の女性像を高橋和義氏(ZACC)が講師を務めた。



'08/4/21
第4回全国美容師フットサル大会開催される



日本ビューティシャンフットサル協会(松浦辰吉理事長・以下JBFA )は4月21日(火)に第四回フットサル全国大会を開催した。
JBFAはフットサルで楽しくコミュニケーションを図ることやボランティア団体として美容師の社会貢献などを目的に設立され、基本的に毎週火曜日朝9時から練習を行い、年に1〜2回、全国の美容師からフットサルチームを集め、全国大会を開催している。

この日の第4回大会は美容業界も含め企業15社の後援、全国約60社の問屋・ディーラーの協賛を得て18チームが参加し、出場選手は約200人を集め過去最大の規模となった。大会ルールとしては、ユニミックスで女性が二名常時ピッチに立つこと、女性の得点は倍、PKも女性に限る、など女性がチームに果たす役割に重点が置かれている。

日ごろの練習の成果を大いに発揮するべく選手たちは奮闘し、試合は予選から白熱した展開となった。
決勝はラッシェルFCとワイルドカードで決勝トーナメントに勝ち上がったSHIN・Aチームで争われた。着実な守備を誇るSHIN・AチームはラッシェルFCの多彩な攻撃をプレス・ディフェンスで押さえ優勝を手にした。

上位結果は下記の通り。( )内はサロン名。
優勝 SHIN・Aチーム (SHIN)
2位ラッシェルFC (ラッシェル)
3位FC.AFC (クラップス)
4位 SC.AHU (asubi/Fourleaf)

優勝チームのキャプテン松居将司氏は「4大会連続で出場したが、回を増すごとに規模が大きくなる大会で優勝ができて、とても嬉しい。今大会はブラインドサッカーを体験することができ、それにより盲導犬協会にチャリティーしている意義を深く理解できた。次回もまた参加したい」と語った。

また、高山美容専門学校の生徒たちと大会参加選手選抜とのエキシビション・マッチやブラインド・サッカーの体験なども同時に催された。

次回第5回大会は11月18日(火)に開催予定。

参加申し込み・問い合わせ先
JBFA事務局 info@jbfa-asobi.net
ホームページ http://www.jbfa-asobi.net/



'08/4/15
鰍ォくや美粧堂創立60周年記念パ−ティー



4月15日(火)、株式会社きくや美粧堂(増保憲一代表取締役社長)は、東京都・台場のホテルグランパシフィックメリディアン・パレロワイヤルにおいて、取引サロン、メーカーなど約1600名を集め、創立60周年記念パ−ティーを開催した。
冒頭、増保社長は「日本の経済状況は大きく変化し、美容業界の状況も激変してきた。スピードとチャレンジとレスポンスをテーマに美容師のため、美容業界のため、きくや美粧堂のために頑張りたい。弊社が描く未来像では、美容は”時代を創る” ”時代を拓く” ”時代を変える”産業である。『お客様を大切にする』『メーカー様と誠実に向かい合う』『業界組織と情報共有し業界発展に努める』『生活者のおしゃれレベル向上に寄与する』『環境に自然にやさしい企業を目指す』。この五つを皆様に約束し、これまでの60年とこれからを、ともに歩み、よりよい美容業界づくりを目指して行きたい」と挨拶を述べた。
(株)エムタナカジャパン代表取締役・田中雅子氏は来賓挨拶のトップに立ち「今日は亡くらなれた会長の誕生日。この場にいらっしゃらないのが大変残念だ」と故増保利男会長の逝去を悼むとともに「きくやさんとパートナーを組んでよかった。これからもきくやさんに皆さんの支援をいただきたい」と応援メッセージを贈った。次に挨拶に立ったウエラジャパン(株)代表取締役社長・浅野潤氏は「増保家とウェラとは深いつながり。企業としても模範となる代理店だ。皆様の声を”きく”という姿勢は見習うべき」と讃えた。タカラベルモント(株)代表取締役会長兼社長・吉川秀隆は「地に足のついた商売をし、よいサロンをつくっている」と同社の営業姿勢を評価した。
続く鏡割りでは、取引先美容室、メーカーの代表等18人がステージに上がり大きなかけ声とともに用意された三つの大樽を割り、パーティーはさらに盛り上りをみせた。
 宴は全国美容用品商業協同組合理事長・石井紘一氏の乾杯の発声で始まり広い会場のあちらこちらで歓談の華が咲く中、スクリーンには多くの祝福のビデオメッセージが映し出され、壇上では招待客らの祝辞が相次いだ。
パーティーのパフォーマンス・ゲストとして招かれた書道アーティスト竹田双雲氏が力強い筆さばきで「美」「創」「花」書き上げ招待客の目を奪えば、津軽三味線奏者の吉田兄弟は聴くものの心を掴む演奏を披露し、喝采を浴びた。
 最後に林由秋常務が幹部社員を紹介し、パーティーは中締めとなり、豪華なパーティーを惜しみながら帰途に着く招待客を社長自らが先頭に立ち、見送った。



'08/4/15
KOZO美容室が新社員合宿研修および歓迎パーティを開催



株式会社KOZO美容室(大沼孝三代表取締役)は、4月15日(火)、今年度入社社員の歓迎パーティーを東京・銀座のパセラリゾートで開催した。これは、毎年恒例の新人合宿研修を終えた新人社員を先輩社員らが歓迎する意味で開催されているもので、この日は12名の新社員と昨年オープンしたKOZOアヴェダのスターティングスタッフ2名を加えた計14名が、栃木県鹿沼市にある研修施設での合宿を終えて参加。午後8時から先輩スタッフ約60名に来賓を加えた約100名が参加し、入社を祝った。

冒頭、大沼代表は「12名が新たに加わり社員数は60名となる。開業して16年が経ち店舗数は5店舗。1店舗当たりほぼ1億の売上規模で推移しているが、一貫して人材に投資してきた成果が現れてきた。これからが新たな出発の時と考えている」と挨拶。改めて先輩が講師となる新人合宿の内容を紹介するとともに、無事研修を終えてきた新人達の頑張りを労った。最後にそのレポートのひとつを紹介しながら、「弱虫、泣き虫、逃げ虫の退治」という表現で新人合宿の意義を説明した。

この後、合宿の様子を伝えるスライドの上映後、講師として参加した先輩スタッフの紹介と挨拶、新人参加者一人ひとりの合宿を終えての感想と決意表明、株式会社ガモウ・蒲生茂会長を始めとする来賓代表による挨拶、などが行われる中、改めて配属先の先輩スタッフと新人社員との交流、結束がはかられたパーティーとなった。



'08/4/14
国際文化理容美容専門学校が渋谷校8号館増築棟の披露内覧会実施



学校法人国際文化学園(平野 徹理事長)は、4月14日(月)、国際文化理容美容専門学校渋谷校(荘司礼子校長)8号館の内覧披露会を開催した。かねてより建設を進めていた同増築工事が竣工。この日午前中に竣工式、午後4時から美容・理容ジャーナル関係者を集めて披露されたもの。主に着付等に使用していた3階建て既存棟校舎の各部改修と、既存棟に合わせた増築部分を一体の施設として建設された。
1階エントランスには、有職故実の世界を伝える衣紋道高倉流の第25世倉永満氏の銘となる看板が掲げられ、衣紋道倉流の東京道場(荘司礼子会頭)として活用していく。なお、東京道場のほかに愛知、名古屋、京都、奈良、群馬、愛知西、岡山烏城、岡山中央、岐阜、大阪と、全国で計11道場が活動するが、看板を掲げることが認められたのは今回の東京道場が初めてという。

この日は、学園スタッフが1階から3階までを増築部分を案内して回った後、3階で平野理事長、荘司礼子校長、鈴木隆国分寺校校長を始めとする学園関係者が出席。改めて仙石宗久講師から衣紋道倉流についての説明が行われると共に、今後の活動についても披露された。
また終了後は、会場を移して懇親会が催され、出席者と学園関係者の交流がはかられた。



'08/4/6
シュワルツコフ プロフェッショナルが「エッセンシャル・ルックス ナイト」開催



2008年4月6日(日)、大阪・心斎橋クラブONZIEMEにてヘンケルジャパン株式会社 シュワルツコフ プロフェッショナル事業本部(足立光取締役本部長)主催のヘアトレンドと音楽のスペシャルイベント「エッセンシャル・ルックス ナイト」が開催された。イベントに先駆けて心斎橋・ASK大阪の内覧会が行われた。サロンビジネスの未来を見据えたASKセミナーリニューアルと同時に、常にサロンの課題である@スタイリスト生産性アップA集まるサロンづくりB生涯顧客化の3つのソリューションを提案するセミナーなどを開催していくという。新たな試みとして、全身で音楽を体感しながら感性を磨くことも必要と、日本のクラブシーンをリードする人気DJによるエッセンシャル・ルックスをイメージした音と映像のコラボレーションが場所をクラブに移して行われた。21時からスタートしたイベントは一般の方々も入って930名の若者が集まり、早朝4時まで踊り明かす熱気溢れる試みとなった。翌7日(月)には東京・青山Veloursでも同イベントを開催、600名の若者たちが大いに一夜を満喫した。エッセンシャル・ルックスの4つのトレンドをイメージしたカクテルも大好評だった。
イベントの様子はこちらからも見ることができる。http://www.schwarzkopf.co.jp/trends/el_night.html



'08/4/02
大阪美容業振興協議会・関西美容まつり実行委員会 第1回全体会議開催


4月2日、大阪美容業振興協議会(西口廣員会長)の関西美容まつり実行委員会(三角吉治委員長)の第1回全体会議が、大阪市中央区のタカラベルモント鰍ナ行われた。
冒頭、挨拶に立った西口会長は「30数年前に初めて出店した場所に行った。その界隈は、シャッターが下りた町に変化しガッカリさせられた。関西美容まつりは毎年、成長し続けいている。それをさらに継続するには若い人たちが集い、より活力のあるものにしたい」と述べ、続いて三角委員長は「楽しく、活気あるイベントを皆さんと共に企画します」と語った。会議では、本年度のテーマ“慈(いつくしむ)”と発表。お客様だけでなく様々な人に、愛情をもっていたわる。またイベントテーマには“華のある心”。華やかで気品があり、輝きのある女性をヘア・メイクで表現する。
その後、今回のテーマに合わせた“慈”をデザイン化したロゴマークを発表し、メンバーの多数決でデザインが決定した。
2008関西美容まつり役員は次の通り。
●大阪美容業振興協議会 会長・西口廣員(社団法人大阪府美容師会会長)、副会長・大井孝(大阪府美容生活衛生同業組合理事長)、橋本健治(大阪美容器具卸商協同組合理事長)。
●実行委員長・三角吉治(キクヨ美容研究会会長)、副実行委員長・澤田洋一(プラス7副会長)、小原一朗(Aスマイル)。






バックナンバー一覧

build by HL-imgdiary Ver.1.25



ページトップへ