月刊「マルセル」で大きな反響を呼んだクリープパーマ。
ダメージを抑えながらウエーブ効率を上げるだけでなく、
軟毛、トラブル毛の悩みまで解決してくれるノウハウです。
クリープパーマの原理から使いこなしと応用まで、わかりやすくまとめました。
今すぐ現場で活用するための要素をぎっしり詰めてお届けします。













クリープすると髪の中ではどんな現象が起こっていて、そのどこがウエーブにとって有効なのでしょう?原理を知って、目には見えない世界をイメージしましょう。本質的な仕事への第一歩です。

監修/野村恭稔(リトル・サイエンティスト)






現場ではどう使えばうまくいくのでしょう。毛束やウイッグでの検証を通して理解を深めましょう。基本工程、時間、温度、薬剤のチョイスなどを確認して、典型的な対応法に進みます。

監修/有本直幸(SŌEN)






クリープパーマで成果を上げている現場から、クリープパーマの実際例を紹介します。硬毛と軟毛の違い、クリープ時間、ドライ時間の設定、中間処理の方法など、素材に対するアプローチのヒントを見つけてください。

● DADA CuBiC(東京)
● POWER DOLL(岡山)
● SORA(東京)
● switch(福岡)
● WHITE HOUSE(神戸)
● ZENKO(東京)



DADA CuBiC ホームページ
POWER DOLL ホームページ
SORA ホームページ
switch ホームページ
WHITE HOUSE ホームページ
ZENKO ホームページ





クリープパーマのために特別な薬剤が必要なわけではありません。各メーカーのクリープに適する薬剤をラインナップします。選択のガイドにお役立てください。