• 最新号
  • 次号予告
  • バックナンバー
  • 他の本も探す
2016年

marcelバックナンバー
美容と経営バックナンバー
編集部にメールを出す
特集1
『美容師法』から見た「美容師のスキル&キャリアアップの在り方」を考える
「美容師の会」を活用した
経営と教育の分離


美容師は、自ら勝ち取ったキャリア&スキルを正当に評価される側にあり、使用者はそれに見合った報酬を支払う側にある…というスタンスでなければ、経営と教育の分離は実現できません。医師会や看護師団体などと同様に、美容師自らが国家資格に相応しい教育機関を立ち上げた「一般社団法人 東京都美容師の会」を紹介します。


特集2
「技法」の過去と現在から読み解く
縮毛矯正の“NEXT”

今の縮毛矯正シーンに、矯正界の“HERO”のひとり、きくりん(菊地克彦氏)がメスを入れます。縮毛矯正技法の過去と現在を整理し、未来の可能性を探る一大特集。今月はいつもよりシリアスなきくりんが、縮毛矯正の“NEXT”に踏み込みます!


経営とサイエンス 7月号(2016年6月1日発売)
定価 1,620円





特 集 1


『美容師法』から見た「美容師のスキル&キャリアアップの在り方」を考える
「美容師の会」を活用した
経営と教育の分離


美容師は、自ら勝ち取ったキャリア&スキルを正当に評価される側にあり、使用者はそれに見合った報酬を支払う側にある…というスタンスでなければ、経営と教育の分離は実現できません。医師会や看護師団体などと同様に、美容師自らが国家資格に相応しい教育機関を立ち上げた「一般社団法人 東京都美容師の会」を紹介します。


高橋マサトモ・原田賢司・岡村享央(MINX)







特 集 2


「技法」の過去と現在から読み解く
縮毛矯正の“NEXT”

今の縮毛矯正シーンに、矯正界の“HERO”のひとり、きくりん(菊地克彦氏)がメスを入れます。縮毛矯正技法の過去と現在を整理し、未来の可能性を探る一大特集。今月はいつもよりシリアスなきくりんが、縮毛矯正の“NEXT”に踏み込みます!

きくりん/菊地克彦(Rescue-Hair)







特 別 企 画


悪玉活性酸素を抑える“エイジングケア”の切り札!?
美容に活かす「水素」パワーを探る 1

年々、水素への注目が集まっている今だからこそ、その特徴として一般的に言われている「活性酸素を抑える働き」に着目し、水素のパワーを美容にどう活かせるのかを今月と来月の2号にわたって探っていきます。





連 載


●The truth of permanent wave
新井幸三のパーマの真実


パーマはどこまで解明されているのか。実は未知の部分が多いというのが答えになります。還元剤は毛髪のどこに・どのように作用しているのかの解明は不十分であり、よってパーマの反応はまだまだよくわかっていない…というのが現状です。そこで、50年以上ケラチンを専門的に研究されてきた元群馬大教授・新井幸三先生と共に、実験と理論で“パーマの真実”を解明していきましょう。

第7回 酸化剤の濃度と時間の関係
新井幸三[元群馬大学教授・KRA 羊毛研究所所長]
古根川一弥[シーンコンプレックス/大阪・堺市]




●プロダクツの“目利き”になろう!
辻野教授の処方レッスン


化粧品や医薬部外品からなる美容のプロダクツ。その効果は実際に使って判断するのが一番ですが、その前に何か手掛かりとなるヒントがあれば嬉しいもの。そこで役立つのが「処方」です。処方とは、複数の成分を組み合わせ、プロダクツの効果効能をつくる開発者のテクニック。この企画では製品の成分表示を手掛かりに処方を見て、そのパフォーマンスを推測するポイントを考えます。

第7回 ある日焼け止めの処方を考える
辻野義雄(北陸先端科学技術大学院大学客員教授/理学博士)




●サロンにおける労働問題の現実

(7)美容業におけるハラスメント(後編)



●効果塾のサロン集客 緊急救命室

集客が上手くいかない結果には必ず原因があるもの、緊急救命室ではその原因、すなわち集客の課題を病気の原因に例えて、そこに必要なオペから解決策を探ります。毎号、急患が回復する頃には、あなたもサロンで同じ課題を解決できているかも!

第5話 「ウリとターゲットがマッチングしてない病」の患者を救え
効果塾(岡本麻理、大山麻理恵)




●サロン経営に強くなるための今月の数字
自店の数字と比べてみよう!


サロン経営にも、数字に裏付けされた科学的な視点が必要です。この連載では、サロン経営に強くなるために必須の“数字”を取り上げ、その数字が持つ意味とサロンのアベレージを紹介します。また、自店の数字をチェックするための算出方法も解説しますので、ぜひ、アベレージと比べてみてください。

第7回 給与額と社会保険料の比率について
加賀美敦子(税理士法人西川会計 理美容事務部)
監修:西川豪康(らいふ経営グループ 税理士法人西川会計 代表)




●カンと経験をサイエンス

カット、カラー、パーマetc.――、あらゆる美容の技は、手を通して表現するもの。まさに「手仕事」の世界です。そして手仕事で物を言うのが、カンや経験で培った「感覚」。このページは、そんな感覚を「強引に測定してしまえ!」という何ともはやな企画です。「感覚を数値化しても意味がない」という意見もごもっとも! そこを承知であえてサイエンスしてみます!

第7回 ワンメイクの「塗布量」をサイエンスする!
西海洋史(CALON)
岩上晴美(kakimoto arms)
山口高宏(anemo)
中村太輔(imaii)
吉村英美(DADA CuBiC)
長崎英広(CANAAN)



●Space Design

KOZO AVEDA GINZA
ステージに見立てたシャンプースペースの周りを回廊するように設定したレイアウト




●気になる新製品
●NEWS&TOPICS ≪美容春秋≫
●BACK NUMBER