特集
サロンの“売り”を磨いて、ただ今人気上昇中
目指せ!一人サロンの理想形
男性3名、女性3名の、一人でサロンを切り盛りしているオーナーにご登場いただき、 “売り”となるメニューやサービス、サロンの雰囲気づくり、一美容師としてのこだわりなどをインタビュー。現在、いずれのサロンも右肩上がりで客数、売上を伸ばしているだけに、売上アップのヒントが満載。中小規模のサロンにも参考になるはず!
Case1 キッズスペース完備・シャンプーソムリエ
Case2 ブログを始めて2年で手取り3倍
Case3 幅広いメニューと絶妙な接客
Case4 自然な縮毛矯正で年内予約一杯
Case5 ヘナを軸にしたメニュー構成
Case6 自然派カラーと大人の接客で人気
“辛口”座談会 一人サロンで生き抜くために
特別企画
「赤丸急上昇サロン」研究 客単価が約1.4倍、カラー比率が2倍強にアップ!
街の白髪染めサロンだったボクらが
一念発起してハイライトサロンになり、
繁盛するまでやったこと、すべて
街のよくある白髪染めサロンが、「外国人風W3Dカラー」という名前のハイライト・オン・カラーのメニューをつくり、2年間で若い子が集まるサロンに変貌。しかも客単価は導入以前の1.8倍、ハイライト比率は70%、リピート率は80%なのだそう。ちなみに既存の年配客もガッチリつかんでいるというから驚きです。この2年間に『huit』が何をしてきたか。ここではそれを掘り下げます。
特別インタビュー
日本パーマネントウェーブ液工業組合 新理事長・新副理事長に聞く
これからの「ウェーブ工組」が描くパーマの将来像
6月16日に行われた第51回日本パーマネントウェーブ液工業組合(以下、ウェーブ工組)通常総会において、新理事長と新副理事長が誕生した。出荷金額・出荷数量ともに低下を続けている厳しいパーマの状況を打ち破るために、組織の若返りを図り、厳しい状況への対応が期待されている。新たに第11代理事長に就任した(株)アリミノの田尾大介氏と新副理事長に就任したタカラベルモント(株)の吉川朋秀氏のお二人に抱負を語ってもらった。
連載
The truth of permanent wave
新井幸三のパーマの真実
プロダクツの“目利き”になろう!
辻野教授の処方レッスン
サロンにおける労働問題の現実
効果塾のサロン集客 緊急救命室
サロン経営に強くなるための今月の数字
自店の数字と比べてみよう!
ニューヨークの現役男性ヘアスタイリスト 小池清久 67歳
スタイリストとして夢を追う!
Space Design
気になる新製品
NEWS&TOPICS ≪美容春秋≫
BACK NUMBER