特集
来店サイクルを短縮する仕組みづくり
サロンの利用率を上げる「メンテナンス&ビューティ」メニュー
サロンの現場ではお客様の来店サイクルが長期化し、年間の利用金額の減少が顕著になっています。では、なぜ来店頻度が減っているのでしょうか? 一般的に言われる「先行き不安」や「節約志向の高まり」あるいは、「美容以外での支出が増えた」ことによって美容への支出抑制心理が働いているのかもしれません。または、美容室に通うこと自体が楽しみではなくなっているのかもしれません。そこで、今月の特集では、消費者20名にインタビューを実施し、なぜ美容室に足が向かなくなったのか、その理由を深堀りします。また、お客様に足繁く通っていただくために、サロンの魅力を高めるメニューをどう提案していくのか。最近話題の「メンテナンス&ビューティ」メニューを通してそのヒントを提案します。
Part1 消費者インタビュー
来店サイクルが3か月以上のお客様を直撃!!
わたしがサロンに行かない理由(ワケ)
Part2
今から出来るリピート率アップの工夫
「ブリーチ・オン・カラー=色落ちは避けられない」を
逆手に取ったメンテナンス提案で、
50日以内に3人に1人がリピート!
huit 8(大阪府大阪市)

早割、サンクスチケットのダブル効果で
「お値打ち価格」を演出する
ZAZA nature(愛知県一宮市)

サロンの価値がわかる、上顧客限定の
「プレミアム感」がリピートを生む!
BATO(京都府木津川市)
Part3
SESメニューでリピートをはかる
※SESとはS=Spa、E=Esthe、S=Stylingの頭文字をとったビューティメニュー等の新発想によるメニュー。

経営者として「カット優先」の意識を変え
アシスタントの手を空ける工夫で課題をクリア
Primo rico(佐賀県佐賀市)

「お客様のその日の体調やご都合で
メニューを柔軟にカスタマイズ。
これが、“融通が効く⇒またやろう”になるんです」
CoCocChie salon /WHITE HOUSE
Part4
お客様をリピートさせるコミュニケーション技術
上手く利用すれば、口下手なスタッフでも
お客様をリピートさせられるようになります」
LUCENTE(埼玉県朝霞市)
特別企画
ストパー毛が硬くなるのは、
「熱凝集」が原因だった
菊地克彦(Rescue-Hair)
取材協力:株式会社ミルボン中央研究所

連載
オーナーの「安心」「安全」を守る
サロンのリスク回避Q&A
顧客“身内”化計画で生き抜こう!
New Design for Salon Space
スーパーウルトラ基礎知識
Part1 心理学編  ファン客獲得のための“日々進化”心理学講座
part2 ケミカル編 サロンワークで起きている化学や物理のABC
Part3 マネー編  美容師が知っておくべき“お金の教養”
気になる新製品
NEWS&TOPICS ≪美容春秋≫