特集
パーマ比率が高い技術者から学ぶ
パーマ客を増やすヒントは
「エイジング」
美容室のメインメニューの一つであるパーマの客数が伸び悩んでいます。その原因には、各種のアンケート調査などから、消費者のパーマ離れや、提供する美容室側からの提案が少なくなっていることなどがあげられています。ただ、そういった状況の中でも、確実にパーマ客を確保し、コンスタントに比率を35%以上維持しているサロンもあります。
そこで、12月号の特集では、パーマ比率35%以上のサロンに取材し、高比率のポイントを「エイジング」対応に置き、技術やデザイン面からと、接客面からのアプローチによって、その高比率の秘密を読み解きます。また、その裏付けとなるエイジング毛の特徴や薬剤対応についての知識的な部分からのアプローチもお届けします。
Part1
パーマ比率35%以上の
3サロンに学ぶ「エイジング毛」対応
Part2
パーマのクオリティを
アップさせるためのサイエンス
特別企画
クラウドファンディングで
想いをカタチにする
新規でサロンを立ち上げたり、営業の枠を広げたりする際に、その資金をクラウドファンディングの仕組みを利用して調達する動きが、美容業界にも目立ってきています。次回の特別企画では、そのクラウドファンディングを活用した事例と、そもそもクラウドファンディングとはどんな仕組みなのかを解説する企画で展開します。