SHINBIYO 次号予告

2023年3月号
2023年2月15日発売 定価1,980円
特 集
RENEWAL SPECIAL Part.3
ミニマムヘアに今必要な削ぎとは?
面系スタイル×セニングの最適解
近年の傾向として、カットベースはブラントなラインを活かしたシンプルなフォルムが好まれています。面を活かすデザインになるため、内側にセニングを入れることが多く、さらに、素材に合わせて入れる場所や量を繊細にコントロールすることが大切になります。3月号では、セニングを入れる際のパネルの引き出し方やドライとウェットの割合、ベースカットとの関係まで、ミニマムなヘアに求められるセニングの最新事情について掘り下げていきます。
COVER
柳 亜矢子/Sraw
座談会
ドライとウェットの割合は? シザーの削ぎ率は?
人気美容師4人が語る「セニングの今」
菅野太一朗/LANVERY
豊田章一郎/salon dakota
山口健太/Lond aventus
橋本佳奈/SCREEN
よくある“困った髪”にはこう使う!
ボブ&ショートのセニングケーススタディ
菅野太一朗/LANVERY
豊田章一郎/salon dakota
山口健太/Lond aventus
フォルムはしっかり、抜け感も出せる
ベースカットとセニングの最適バランス
橋本佳奈/SCREEN
<ケミカル>
エステル残留&酸化不足
“酸性パーマ・酸性ストレート”の2大トラブルに迫る
後編「酸化不足」を回避せよ!
森 祐也/WECO BASE
YOSHI/Natural
連 載
カラフリー
第3回 酒井元樹/iLe.
1人のモデルに5つの似合わせ
THE 5 APPROACH
第85回 内田聡一郎/LECO
カウンセリングから仕上げまで密着!
実力派美容師のサロンワーク拝見
vol.21 宮下浩一郎/apish
年商を10倍にした男が伝授する
売れるメンズパーマ戦略
第3回 木村允人/fifth
「長く愛される店」の理由はここにあった!
ザ・ターニングポイント
第3回 SNIPS/新潟県新潟市
あるあるトラブルに一問一答
サロンの法律相談室
● シェアする ●
トップへ戻る