SHINBIYO バックナンバー

  • マガジン/ムック本
2022年2021年2020年2019年
SHINBIYO 2022年7月号
ブラウン派からブリーチ派まで 透け感と筋感でつくる
「白髪ぼかし」カラー総まとめ
2022年6月15日発売 定価1,760円
白髪の悩みに対応したヘアカラーは常に進化を続けていますが、昨今はSNSの台頭により「白髪ぼかし」というワードが消費者にも広く浸透しています。その技法も、暗い染料を極力使わない加減法や、マイルドなハイライト、ブリーチを駆使した高明度ベースのデザイン、無彩色を活用した馴染ませ方など多様化。また、求める仕上がりに応じて、ブラウンが軸になるのか、ブリーチが軸になるのかも変わってきています。今月は、多様化する「白髪ぼかし」の技法とデザインを改めて整理。ブラウン派からブリーチ派、さらに両者の使い分け派まで、それぞれの特徴をまとめます。
SHINBIYO 2022年6月号
動き、質感までデザインできる
「まっすぐ伸ばす」だけじゃないストレートパーマ
2022年5月15日発売 定価1,760円
“髪質改善”やサラサラストレートがブームとなり、今、様々な髪質やダメージにも対応できる薬液、技術が登場しています。ただその一方で、「まっすぐ伸ばす」ということがゴールになってしまい、ボブの丸みがつぶれてしまったり、ボリュームがなくなり老けてしまったなど、ストレートにした先にある「かわいくなりたい」「きれいになりたい」という美容の本質が置き去りにされているケースもあるようです。そこで、今号ではストレートパーマ施術を通して、より顧客満足を高めるためのノウハウや、「まっすぐ伸ばす」にプラスアルファする技術や提案術を紹介していきます。
SHINBIYO 2022年5月号
顔周りをちょっと切るだけで一気におしゃれに!
最旬「前上がり」研究
2022年4月15日発売 定価1,760円
長引く世の中の閉塞感を払拭したい気分を反映してか、「ちょっと雰囲気を変えたい」「新しいヘアスタイルに挑戦したい」という機運が高まっているようです。そこで今効果的なのが、顔周りに「前上がり」の要素を取り入れること。ベースはそこまで変えなくても、顔周りに前上がりのレイヤーを入れたり、マッシュっぽいラインにすることで、大きな変化が得られてトレンド感も抜群! そこで今月は顔周りの「前上がり」に着目し、ショートからロングまで活用できるカットデザインと具体的な技術を紹介します。
SHINBIYO 2022年4月号
ブリーチ毛、エイジング毛にはこれ!
弱い薬×熱でかけるダメージレスパーマ
2022年3月15日発売 定価1,760円
今、話題の酸性パーマだけでなく、新しい還元剤の薬液が発売されるなど、カラーやエイジングなどによるダメージにも対応できる剤が登場しています。また、施術方法もコールドだけでなく、熱を加える施術が定着し、かかりにくいとされてきた髪にも、再現性の高いパーマをかけられるようになりました。その一方で、カラーブームにより履歴が複雑化し、髪のダメージは深刻化。顧客の高齢化もあり、エイジング毛への的確な対応が求められるようにもなっています。そこで今回は、以前ならパーマをかけることを躊躇していたダメージ毛(ブリーチ毛、エイジング毛)へのパーマに着目。薬剤と熱(クリープ、ホット系)のコントロールで、よりダメージレスにパーマをかけていくアプローチを紹介していきます。
SHINBIYO 2022年3月号
卒業、就職、異動… 環境の変化はカラーニーズの変わり目!
春のトーンアップ・キープ・ダウン提案
2022年2月15日発売 定価1,760円
3月から4月は、進学や就職などの環境の変化に伴って、ヘアカラーに関する制約や自由度が大きく変わり、チェンジのオーダーが増えるタイミングです。例えば、制約がなくなったことでハイトーンを楽しみたいというニーズや、就職のため明るさを落ち着かせなければならないケースなど…。今月は、環境や立場によって異なるヘアカラーの需要と、それに対する有効な提案法と必要な技術をピックアップ。また、春先に向けたシーズンカラー提案の参考になるデザインも紹介します。
SHINBIYO 2022年2月号
ショート~ボブを今っぽくするには削ぎが必須!
表面長め&重め時代のセニングテクニック
2022年1月15日発売 定価1,760円
最近人気のショートやボブは、適度な丸みや重さを残しつつも、動きがあって質感は柔らかいのが特徴です。それをつくるにはセニングや削ぎの重要度が増しており、「ベースカットでしっかり形をつくり、セニングは極力少なく」という時代とは考え方や技法が変わってきているようです。セニングや削ぎのテクニックを見直し、入れ方の基本から実践に役立つ応用まで整理した1冊です。
SHINBIYO 2022年1月号
アルカリをコントロールして髪体力をキープ
「クリア剤」&「アルカリキャンセル」活用術
2021年12月15日発売 定価1,760円
ブリーチ&カラー施術でダメージの原因となっているのは、主に「アルカリ」です。リフトや発色に欠かせないアルカリですが、必要以上の使用や残留アルカリを除去できていないケースも多く、継続的なカラーデザインのために、必要最小限のアルカリに抑える方法を考えていくことが求められています。今回は、「クリア剤」と「アルカリキャンセル」を使いこなして、アルカリを減力する方法をご紹介していきます。
SHINBIYO 2021年12月号
酸性ストレート、酸熱トリートメントを使いこなせ!
今求められる“髪質改善”パーフェクトガイド
2021年11月15日発売 定価1,760円
SNS上でも目にする機会が多くなり、メニューとして特化する美容師も増えている「髪質改善」。本来はストレートパーマ(縮毛矯正)を示す用語でしたが、ここ数年で技法や薬剤も多様化し、ただクセを伸ばすだけではなく、ダメージやエイジングによって広がったりまとまりが悪くなった髪をケアする意味合いも含むようになっています。今月は、アルカリ性から中性、酸性まで幅が広がったストレートパーマと、特殊な酸や熱の力でツヤやハリコシを出す酸熱トリートメントの2つを軸に、実践的な使いこなしと、サロンワークで起こりがちなトラブルやその修正法を詳しく紹介しています。
SHINBIYO 2021年11月号
大グラベースにレイヤーをちょい足し
売れるショートのつくり方
2021年10月15日発売 特別定価3,080円

ミドルに丸みや重さがあるグラデーションベースが、今どきのショートヘアの主流。ただし、グラだけでは重すぎたり抜け感が出にくいため、表面や顔周りにレイヤーを入れて軽さや動きを加えたり、えり足のつくり方に変化をつけるなど、似合わせや素材対応のための工夫が必要になります。そこで今月は、横スライスでつくる3大ショートのつくり方をメインに、スタイルのバリエーションを広げるための表面~顔周りのレイヤー使い、えり足づくりのコツなど、今のショートに必要なカットのテクニックを取り上げます。
SHINBIYO 2021年11月号 特別付録
M字、O字、U字 タイプ別に悩みを解決!
男の“薄毛”対策BOOK

SHINBIYO 2021年10月号
根元のストレスからお客様を救え!
“白髪ぼかし”のためのブリーチハイライト
2021年9月15日発売 定価1,760円
従来の暗いだけの白髪染めは、生えてくる白髪が目立ち、根元の伸びがすぐに気になる…。そんな白髪による根元のストレスにより、“白髪ぼかし”の需要が高まっています。“白髪ぼかし”とは、ハイライトで白髪と黒髪のコントラストを弱めて白髪を目立たなくする技術です。今、“白髪ぼかし”が注目されている要因としては、インターネットやさまざまなSNSの発展により、“ほどよい”ハイライトデザインが一般に広く認知されたことが考えられます。また、ブリーチ剤や処理剤の進化に伴い、よりダメージレスな施術が可能になっている背景を踏まえると、今はまさに大人世代への新しいカラー提案のチャンス! お客様の悩みを解消してあげるために、他店との差別化を図るために。もっとブリーチハイライトを活用&積極的に提案していきましょう!
SHINBIYO 2021年9月号
ダメージ毛、ブリーチ毛にもかけられる!
“酸性パーマ”入門
2021年8月15日発売 定価1,760円
高明度のカラーや、ヘアアイロンの熱ダメージが蓄積した髪にパーマをかけることは、難易度が高い施術です。しかしここ最近、酸性~弱酸性域のpHで施術する「酸性パーマ」の活用によって、対応できる可能性が大幅に広がっています。では、実際どのような薬剤でどうかければいいのでしょうか。「アルカリパーマのようなリッジは出るの?」「pHはどれくらいがベスト?」「繰り返しかけても大丈夫?」などの疑問を解消するべく、酸性パーマの基本を徹底整理します。
SHINBIYO 2021年8月号
2021メンズは強め、高め、派手め!
ツーブロック、スパイラル、エッジィカラーを攻略せよ
2021年7月15日発売 定価1,760円
2021年のメンズヘアの大きな特徴は、SNSやYouTubeの影響で、ヘアスタイルで「個性」を主張したいという男性が増えていること。カットベースは依然としてツーブロックが人気ですが、ウエーブを強めにかけたり、カラーを派手にしたり、攻めたデザインが増えています。一方、新しいトレンドとして韓国系のデザインが注目されており、この流れに引っ張られる形で、メンズ全体のウエイトが高めになっているのも着目すべき点。以上を踏まえ、今号ではメンズのトレンドヘアとそのテクニックをご紹介。この1冊で、メンズの“今”がわかる内容となっています!
SHINBIYO 2021年7月号
今年最強の売れ筋メニュー
インナーカラー最前線
2021年6月15日発売 定価1,760円
ㇵイトーン人気の高まりもあって、ここ数年でカラーデザインの幅が一気に広がりました。中でも「インナーカラー」は髪を下ろして隠せることから、ブリーチ初心者でも挑戦しやすく、また、リモートワークの普及も手伝ってオーダーが増えているようです。最近人気の傾向は、ブリーチ部分とベースのコントラストをしっかりめにつけること。また、セクションのとり方も多様化しています。そこで今月は、インナーカラーのデザインバリエーションや、カットベースに合わせた入れ方のポイント、大人向けに提案する際の明度コントロールと色出しのコツを整理していきます。
SHINBIYO 2021年6月号
業界の未来を担うリーダーたち
次世代のカットのカリスマ3人衆
2021年5月15日発売 定価1,760円
カリスマブーム以降に業界に入り、先達の流儀をリスペクトしつつも、新しい考え方で未来を切り拓いている新リーダーたちがここ数年大きく台頭してきました。今月号は、その代表格として内田聡一郎さん、神谷 翼さん、古城 隆さんの3名をフィーチャー。誰もが認めるデザイン力、カリスマ性、そして何よりも美容師のコアである磨き上げられたカットの技術を誇る彼らの魅力を、様々な角度から掘り下げます。
SHINBIYO 2021年5月号
顔がのっぺり見える、呼気でつぶれる、クセが出る
マスク時代の「前髪・顔周り」お悩み解決テク
2021年4月15日発売 定価1,760円
「顔がフラットに見える」「呼気で前髪がすぐ崩れてしまう」など、日常生活でマスクの着用が当たり前になる中、マスクならではの悩みも生まれてきています。それに伴って、特に変化しているのが前髪や顔周りのつくり方。そこで今月は、マスクをしていても奥行きや立体感が出せるカットテク、パーマや部分ストレートを活用した顔周りへの対処など、マスクによるお悩みを解消するアイデアをまとめました。ノーマスクの状態はもちろんのこと、マスクオンでも素敵に見える技術とデザインを是非お役立てください。
SHINBIYO 2021年4月号
ワンカールじゃ物足りない! アイロンでもつくれない!
この春ヒット間違いなしのデザインパーマ4
2021年3月15日発売 定価1,760円
強めのカール感やクセ毛のような質感、アイロンでは難しいショートのうねり感、韓国風のツヤ感のあるウエーブなど、おしゃれに敏感な人たちは様々な質感やスタイルに関心を寄せています。また、最近はブリーチ毛やハイライト毛にパーマをきれいにかけるニーズも高まっているようです。そこで今月は、この春に確実に押さえておきたい4つのパーマテクニックを厳選し、スタイルチェンジの提案に役立つ実用性の高いラインナップでお届けします。
SHINBIYO 2021年3月号
ブランディング→集客→リピートの好循環を生み出す
今からでも間に合うインスタ発信講座
2021年2月15日発売 定価1,760円
インスタグラムを中心としたSNSを集客に活用するのが当たり前になってきている昨今。出遅れてしまった美容師が増えています。今号の特集では、自身のセールスポイントやターゲットを明確化し、最適な発信をすることで集客に成功、かつ高い満足度で着実にリピートにも結び付けている実力派美容師5名に注目!サロンワークの裏側で実践している工夫や戦略、考え方についてとことん掘り下げました。「インスタグラムを始めなめればいけないのは分かっているけれど…」と思っている方、やってはいるけれどフォロワーが伸びないと悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてください。
SOLD OUT
SHINBIYO 2021年2月号
ワンレンベース主流の今だからこそ知りたい
令和時代の“売れる”レイヤーカット
2021年1月15日発売 定価1,760円
ヘアスタイルにニュアンスや抜け感、軽さや動きが戻ってきたいま、レイヤーが再注目されています。ただし、今のボブ~ミディアムより長いスタイルのポイントは、スソにワンレンベースの厚みと角を残していること。このポイントを外さずに、イメージ通りにニュアンスや丸みをつけるためには、「ただ何となく」レイヤーを入れるのではなく、その役割や仕組みを理解する必要があります。そこで2月号では、レイヤーを「①ニュアンスをつくる」「②くびれをつくる」という2つの役割で分類し、それぞれ自在にコントロールするために必要な基本的な考え方から、今すぐサロンで使えるデザインとつくり方まで徹底整理。令和時代のサロンワークに欠かせない“売れる”レイヤーカットを特集していきます。
SHINBIYO 2021年1月号
明度も色出しも自在にコントロールできる!
決定版
ブリーチオンカラーのNEW BASIC
2020年12月15日発売 定価1,760円
黒髪ベースの日本人でも当たり前に16、17レベル以上にリフトアップし、ハイトーンデザインを楽しむようになった今、ブリーチ技術や考え方はもちろん、オンカラーの方法も大きく進化しています。そこで、1月号では12月号に引き続き、ブリーチオンカラーの最新テクニックを大特集。「BLEACH COLOR LABORATORY」より、7人のカラースペシャリストが、これからの“ニューベーシック”としてしっておきたい知識と技術をお届けします。
SHINBIYO 2020年12月号
今話題のカラーインフルエンサー7人が集結!
ブリーチオンカラー2020総決算
2020年11月15日発売 定価1,760円
インスタグラムの投稿がバズったり、圧倒的な数の集客を実現するなど、今ブリーチオンカラーを軸とした仕事で業界を賑わせているインフルエンサー7名がついに集結。2020年の締めくくりにふさわしい豪華&フレッシュなメンバーで、この1年のヘアカラーの動向を振り返りつつ、今年ヒットしたデザインや技術をまとめていきます。
SHINBIYO 2020年11月号
「ショート&ボブ」、「ミディアム」、「フロント」のカットをアップデート
ちょっとの差で今っぽくするコツ教えます
2020年10月15日発売 特別定価3,080円

街で見かけるヘアスタイルで、レングスも形も大差がないのに、「オシャレだな」と感じるケースと「ちょっと古くさい?」と感じるケースがありませんか。 ヘアデザインのトレンドは、そのディテールから日々進化しているため、そうした微差を押さえておかないと、お客様に「何かが違う」と感じさせてしまうこともあるようです。 今回の特集では、「フロント」「ショート&ボブ」「ミディアム」とカテゴリーを分けて、デザインを今っぽく見せるポイントと、そのつくり方を解説。さらに、サロンワークの提案に役立つスタイル集として「レングス別トレンドデザインカタログ」も併せて、ぜひご活用ください。
SHINBIYO 2020年11月号 特別付録
「明るい」が定着した今だからこそ提案したい
ファーストグレイ向けのブリーチ&カラー
SHINBIYO 2020年10月号
今のニュアンスづくりに欠かせない
ディスコネクションの“ちょい足し”提案術
2020年9月15日発売 定価1,760円
つくり込みすぎない無造作感が好まれ、「抜け感」や「ニュアンス」がトレンドのヘアスタイルに欠かせない要素となっている今。これらを表現するのに必要な『少しのズレ、空間』をつくるのに、“ディスコネクションカット”が見直されています。
ただし、その用い方はかつて2000年前後に普及した大胆に長短をつけるアバンギャルドなものとは違い、①部分的に狭い範囲で、②長短の差は小さく、③周囲との馴染み感を意識したものに変化しています。そこで10月号では、トレンドスタイルをつくるための基本として知っておきたい“令和のディスコネ”の考え方や技術を整理。今の時代に合う新しい活用法を提示していきます。
SHINBIYO 2020年9月号
ブリーチの次のトレンドはこれ!
ノンブリーチ透け感カラー&ミニマムセクションカラー
2020年8月15日発売 定価1,760円
ここ数年でブリーチを使ったデザインカラーの需要はぐっと増えています。ただし、ブリーチするからこそ可能なデザインがある一方で、ダメージや褪色などデメリットとなる側面もゼロではありません。それはブリーチの回数が増えたり、範囲が広くなればなおさらです。そこで今月は、フルブリーチの良さを引き継ぎながらデメリットを抑える、「フルブリーチの次のトレンド」に注目。「ブリーチを使わずに表現する透け感カラー」と、「少ない範囲のブリーチで、大きなデザイン効果を生むミニマムセクションカラー」の2つにフォーカスしました。
また第2特集の、女性チームと男性チームがそれぞれ1台のウイッグをデザインしては、次のデザイナーへメッセージと共にバトンのように繋いでいく、「ウイッグデザインリレー」も要チェックです。
SHINBIYO 2020年8月号
全国の美容師の知恵をシェア!
コロナ禍を乗り越えるために
今知るべきこと、やるべきこと
2020年7月1日発売 定価1,760円
北は北海道、南は沖縄まで、全国約200店舗のサロン様にアンケートにご協力いただき、新型コロナウイルス対策の取り組みを、感染防止対策、集客の工夫からスタッフへのケアまで幅広くデータ集計&リポート。さらに、弊誌の人気連載の人気投票をSNS上で行い、“あなたの好きな5アプローチ”ベスト10の発表と人気の理由分析を行う企画や、普段から疑問に思っている美容の技術やメンタル面でのお悩み受け付けを行い、解決の方法を紹介する企画もまとめました。また、注目度の高いカラー技術「バレイヤージュ」のポイントを過去号から集めて整理したおさらい企画など、こんな不安なときだからこそ、美容師の皆さまに役立つ情報、美容の魅力を感じてもらえる企画をラインナップしています。
SHINBIYO 2020年7月号
“手入れがラク!”から始めよう
忙しい40代、50代に響くパーマ提案
2020年6月1日発売 定価1,760円
パーマの売り上げを伸ばしている美容師に共通するのが、「パーマをかけると手入れがラクになる」ということを推していること。特に、日々時間に追われている40代、50代の大人の女性たちにとって、「手入れがラク」というキーワードは、心に響くようです。今月号では、40代、50代の大人の女性をターゲットとし、パーマ初心者に向けた手入れをラクにするためのパーマ提案から、エイジングによる髪の悩みに答えるパーマ、さらにパーマならではのデザインまで紹介。提案を徐々にステップアップさせていき、大人の女性たちにずっとパーマを楽しんでもらうための情報をお届けします。
SHINBIYO 2020年6月号
「継続できる(サステイナブル)」がキーワード!
一生付き合えるストレートパーマ
2020年5月1日発売 定価1,760円
今、ストレートパーマ(縮毛矯正)を売りにするサロンが増えていますが、施術や薬剤選定の不備により、「クセが伸びない」「クセが戻ってしまう」「ダメージが進んだ」等のトラブルが起こり、サロン離れに至るケースも多いと言われています。そんな中にあり、着実にファンを増やし、縮毛矯正で人気を集めているサロンが存在します。彼らの人気の秘密は、ストレートパーマをずっと継続できる髪の状態をつくることにあると編集部では考えました。6月号では、なるべく髪を傷ませずにストレートを続けるための技術や考え方をまとめ、失敗しないストレートパーマのヒントを紐解いていきます。
SHINBIYO 2020年5月号
「オシャレ」と「手入れのしやすさ」がリピートのカギ!
大人男子向けカット&パーマスタイル
2020年4月1日発売 定価1,760円
20代半ば~30代半ばに求められるのは、10代の若者が好むような束感ヘアでも、清潔感を最優先したサラリーマンヘアでもなく、自身が好きなカルチャーやライフスタイルにフィットしたデザイン。具体的な今旬デザインのキーワードは、「黒髪」「丸さ」「マッシュベース」「センターパート」「パーマ」などが挙げられます。今月は、おしゃれで髪型へのこだわりも強い大人のメンズに喜ばれるデザインを、ファッションカテゴリー別に展開。さらに、今知っておきたいメンズのカットとパーマのテクニックも整理しました。
SHINBIYO 2020年4月号
デザインの幅が広がり、時短にもつながる!
レザー&シザー“二刀流”のススメ
2020年3月1日発売 定価1,760円
馴染みのよい柔らかな質感のニーズが高まっていることもあり、レザーカットに注目が集まっています。シザーだけでなくレザーも使えると、表現できるデザインや質感の幅が広がり、さらには難しい素材に対応しやすく、カットのスピードアップにもつながります。今までシザーのみでカットしてきたけれど、レザーも試してみたいと思っている美容師の方々に向けて、レザーを取り入れるための足掛かりとなる情報をお届けします。具体的には、レザーの持ち方、刃を入れる角度といった基本から、効率よく部分的にレザーを使う実践的なアプローチまでご紹介。これを機に、シザーとレザー、両方使ってみませんか。
SHINBIYO 2020年3月号
黒帯、白帯、縦横ムラ、残留色素…
“履歴複雑化時代”のカラー修正ノウハウ
2020年3月1日発売 定価1,760円
ブリーチの広まりに伴ってカラーデザインの幅が広がった一方で、明度やダメージのムラが目立つ“複雑な履歴の髪”が増えているようです。本来は、同じ担当者が計画的なカラー提案を行い、質感の悪化やムラの発生をできるだけ抑えるのが理想ですが、そうもいかないのが現実。3月号では、複数の店舗での無茶な施術や、セルフカラーの繰り返しなどによって履歴が複雑化した髪を、求めるデザインに向けて修正するためのノウハウを紹介します。
SHINBIYO 2020年2月号
シザー&セニングシザーの量感・質感調整がわかる!
「削ぎのカット」完全マニュアル
2020年1月1日発売 定価1,760円
ベースカット同様に、ヘアスタイルをつくる上で欠かせない削ぎのカット。しかし、マニュアル化しているサロンはまだ少なく、見よう見まねで「なんとなく」削ぎを行っている人が少なくないようです。2月号では、削ぎの完全マニュアルと題し、シザー&セニングシザーを使った削ぎの基本や、セニングシザーの選び方といった入門編から、お客様の要望に合わせて的確な削ぎを行うための具体的な活用例までを紹介します。
SHINBIYO 2020年1月号
特徴を理解してもっと上手に使いこなそう
徹底整理! バレイヤージュ&ウイービングハイライト
2019年12月1日発売 定価1,760円
外国人風カラーの普及に伴い、陰影をつけるカラーのテクニックは急激な進化を遂げています。そんな中、バレイヤージュとウイービングハイライトは技法が細分化していることもあり、どう使えばいいのか混乱している人も少なくないはず…。今月はこの2つのテクニックのメリット、デメリットを改めて整理し、目的に合わせて適切に使いこなすための情報をまとめていきます。
SHINBIYO 2019年12月号
進化するブリーチオンカラー
2020年注目のカラーデザインTOP3
2019年11月1日発売 定価1,760円
ケア剤の普及もあり、ブリーチの使い方が劇的に進化した2019年。今までハイトーンを敬遠していた女性たちも、ブリーチへの抵抗が薄れてきているようです。このムーブメントはまだ続くことが見込まれ、来年に向け色出しやデザインの新たなネタを用意しておきたいところ。そこで今月は、2020年に注目すべきカラーデザインを、「ベージュ」「ブラックの活用」「多色使い」の3つと予想。それぞれ、既に発信を始めている美容師の最新デザインや理論を紹介します。
SHINBIYO 2019年11月号
苦手意識を克服すれば、強い武器になる!
パーマで売れている5人の必勝㊙メソッド
2016年10月1日発売 定価1,760円
最近のカラーブームと、アイロンでの仕上げが定着していることなどにより、パーマ離れが進んでいると言われています。しかし、お客様はパーマを望んでいないわけではありません。ストレートに飽きていたり、手入れが楽になるなら、パーマをかけたいと思っている人が、実はたくさんいるのです。今月号は、そういったニーズに応え、パーマでたくさんのお客様に支持されている5人の美容師が登場。美容師側がパーマを躊躇する理由を取り除き、積極的に提案できるようになるためのノウハウをご紹介します。
SHINBIYO 2019年10月号
根元を目立たせず、顔映りアップ!
40代~50代を輝かせるグレイカラー
2019年9月1日発売 定価1,760円
ファッションカラーに慣れ親しんだ今の40~50代は、白髪があっても今まで通り色味を楽しみたいと思っています。彼女たちの要望を考慮せず、ただ白髪を暗くカバーするだけの施術をしているだけではもったいない!今月は、「根元が伸びても目立たない」「メイクアップと同じように、ヘアカラーの色味で顔映りアップ」というテーマのもと、サロンでしかできないグレイカラーのデザイン提案とテクニックをお届けします。
SHINBIYO 2019年9月号
ヘアだけ見てデザインしていませんか?
トータルで提案したい!
体と髪のバランス学
2019年8月1日発売 特別定価3,055円

ヘアスタイルの「似合わせ」とは、顔かたちに対してだけではなく、身長や肩の形、首の太さや長さなどの身体とのバランスも重要になってきます。全身を引きで見てフィットしていたときに初めて、本当にその人に「似合う」ヘアスタイルと言えるのではないでしょうか。9月号では、「似合わせ」の基本となる顔型や、難あり骨格への対応法はもちろん、首や肩の形など身体とのバランスにまで注目して、スタイルづくりの考え方や技術を紹介していきます。
SHINBIYO 2019年9月号 特別付録
3つのテイスト別に徹底解説!
外国人風カット&カラーBOOK
SHINBIYO 2019年8月号
今すぐ試したい簡単&最新テク満載!
もっと知りたいバレイヤージュ!
2019年7月1日発売 定価1,760円
3月号で特集した「バレイヤージュ」は、おかげさまで好評をいただき、発売間もなく完売となりました。そこで今号では「バレイヤージュ」の第二弾を緊急特集! 3月号の基本を踏まえつつ、よりシンプルに整理された塗布テクから派生的に生まれた新たな技法まで、最新のバレイヤージュ情報をピックアップ。他店との差をつけるカラー提案として、是非活用してください!
● フォローする ●
トップへ戻る