1,760円

美容と経営'15年01月号
 

美容と経営\'15年01月号
■「団塊の世代」と「バブル世代」
─“ 目の肥えた”消費のボリュームゾーンを改めて徹底研究 ─


「戦後のベビーブーム時代に生まれたいわゆる「団塊の世代」は、単に消費のボリュームゾーンであるばかりでなく、戦後の経済や文化をけん引してきた非常にダイナミックな世代 であるとも言えます。一方、バブル時代にその恩恵に浴した世代、という意味で、良くも悪くも好景気の日本にあって消費意欲を非常に刺激された40代後半から50代の層は、現代でも強い消費意欲を持っていると言われることが多いようです。このように美容室のターゲットとして、今後ますます研究が必要になる、「団塊の世代」と「バブル世代」の2つの大きな消費のボリュームゾーンについて、今回は改めて、それぞれの消費傾向、心理をつかむための専門家の分析、消費者アンケート、そして、実際にその世代からの支持が高いサロンのオーナーにご登場いただき、自らの経験も踏まえた対応策とサロンの取り組みを取材します。

クイック検索
 
キーワードを入力し、探している商品を検索します。
高度な検索
OnlineShop Oversea