1,650円

経営とサイエンス'19年07月号
 

経営とサイエンス\'19年07月号
■「酸熱トリ」+「液体カラー」でハリ・色を倍速実現

ブリーチによるハイトーン毛やエイジング毛に共通する悩みとして、ツヤやハリコシが失われてまとまりにくくなる、ということがあります。そのためのケアメニューとして、酸熱トリートメントはおすすめですが、カラーと併用する場合、カラーの褪色という課題があります。
その対応策として、酸熱トリートメント後に再度カラーをして、色調補正をするメニューもありますが、トータルの施術時間が2-3時間になる場合もあることからお客様にかかる負担が大きくなってしまい、なかなかお勧めしにくい、という事情もあるようです。
そこで、7月号の第1特集では酸熱トリートメントによるケア効果と、その褪色を補う後カラーとして液体カラーに着目。施術時間が非常に短いことから、お客様への負担も減り、同日施術もおススメしやすくなるメニューとして提案します。

クイック検索
 
キーワードを入力し、探している商品を検索します。
高度な検索
International Shipping