1,650円

経営とサイエンス'19年10月号
 

経営とサイエンス\'19年10月号
【第1特集】
■サロンでしかできないトリートメント、ただ今、進化中
5Gトリートメント最新型のフォルム・質感改善力


一説によると現代トリートメントの起源は、石鹸シャンプーのゴワつきをとるために登場したクエン酸リンスといわれています。その発売は1950年代。それがカチオン界面活性剤系の剤に進化したのが1970年代。この一連の流れをトリートメントの第一世代とした場合、シリコン配合の手触り重視のトリートメントが第二世代。PPT、CMCなどの処理剤が第三世代。多剤式のシステムトリートメントが第四世代と常に進化し続けています。そして現在の「酸熱トリートメント」は第五世代。特徴は“効果が高持続性型”“プロの技術や薬剤選定(調合)を伴う”の2つ。そんな第五世代に、①活性ケラチン②進化系酸熱トリートメントの2タイプが加わりそうです。
編集部では、こうした第五世代トリートメントを「5Gトリートメント」と定義し、その可能性を検証します!


【第2特集】
■育毛、シミ、シワ防止の提案力が上がる
「植物エキス」の効果と売り方 最前線


化粧品に配合される成分の中ではメジャーなものとして知られる「植物エキス」。最近はその注目度も上昇中。そこで第二特集では、植物の美容効果を専門に研究している方に、科学的なエビデンスを前提として、植物エキスの美容効果についての最新情報をお届けします。また、すでに導入し、結果を出しているサロン経営者にも取材。さらに化粧品や医薬部外品に配合可能な植物エキスの中で、美容効果において科学的エビデンスのある成分を事典形式でまとめます。

クイック検索
 
キーワードを入力し、探している商品を検索します。
高度な検索
International Shipping