1,650円

経営とサイエンス'19年12月号
 

経営とサイエンス\'19年12月号
【第1特集】
■“既存の矯正メニューに、プラス5,000円できる”
「矯正+5Gトリートメント」でワンランク上のストレート


乾燥で髪が広がりやすくなる冬の時期は、梅雨時期にならぶ矯正ニーズの高まるシーズンです。ちなみに昨今の矯正メニューは、ダメージケアと自然な仕上がりがキーワード。ダメージケアとして低アルカリ・低還元の薬剤選定がポイントで、自然な仕上がりをつくるにはドライからブロー→アイロンまでの乾燥工程がキモのようです。
このように進化する矯正メニューをさらに差別化できる要素があります。それは、「5Gトリートメント」の活用。5Gトリートメントとは、プロの仕事を伴う高持続型トリートメントの総称。ここで言う、プロの仕事とは、薬剤調合やアイロンなどの専門性の高い仕事のことです。5Gの具体的なラインナップである①グリオキシル酸などの酸熱系トリートメント②プレックス系などの酸トリートメント③活性ケラチンを配合したトリートメントを活用して、5Gの代表成分が、矯正施術のどこで、どんなふうに使うと効果的かをまとめ、ワンランク上のストレートパーマとは何かをお届けする内容です。


【第2特集】
■“明日から差別化できる”
お客様のボリュームの悩みを解消! 増毛エクステ活用術


少子高齢化が進み、サロンの顧客の内容が大きく変わろうとしています。比較的経済的余裕がある大人客は一般的なサロンに向かい、そこまでの余裕のない若年層の客層は価格訴求のサロンに足を向けるようです。特にこの傾向は、地方ほど顕著のようです。
このように変化していく顧客状況のなか、今、サロンでは他店と差別化するメニューを取り入れることが急務と言われています。「経営とサイエンス」の第2特集は、こうした差別化に直結するようなメニューを紹介します。
そこで12月号では、主に大人客をターゲットにした「増毛エクステ」の活用について提案。誌面では、増毛エクステの施術例を紹介しつつ、増毛エクステでのボリュームアップ技術の今を検証します。
あわせて、増毛エクステをサロンに導入する上で知っておくべき内容(各種コスト面など)も整理することで、増毛エクステの導入を検討しているサロンの役に立つ情報を提案します。

※この商品は11月1日発売予定の商品ですので、今ご注文いただくとご予約扱いとなります。発送は発売日前後となります。

クイック検索
 
キーワードを入力し、探している商品を検索します。
高度な検索
OnlineShop Oversea