2,200円

美容と経営'13年06月号
 

美容と経営\'13年06月号
■大人客をつかむ「エイジング」メニュー
ひと味違うパーマ・カラー・スパの最新事情


いつまでも若々しく美しくありたいという女性の美に対する欲求は、ますます高まってきています。以前からエイジング(アンチエイジング)をテーマとした商品やサービスが市場を賑わせてきていますが、美容業界でも消費のボリュームゾーンである団塊ジュニア層が、髪質の変化を感じることの多い40代を迎えたこともあって、エイジングをキーワードにしたメニューのニーズが高まってきています。
そこで6月号の巻頭特集では、カラー、パーマ、スパなどのメニューにおいて、エイジングをテーマにメニュー展開しているサロンの事例を元に、そのコンセプトからプロモーション、施術内容、店販の推奨を薦めたアフターフォローまで、展開のポイントを探ります。

■特別付録付き
サロンの「定番&新規メニュー導入」HAND BOOK vol.3
「「攻め」と「守り」のエイジングケア」
(by 『美容と経営』×『Spost』)Ꮾ

クイック検索
 
キーワードを入力し、探している商品を検索します。
高度な検索
International Shipping