1,760円

美容と経営'14年03月号
 

美容と経営\'14年03月号
■ストップ・ザ“早期離職”
新人のやる気を高め人間関係をスムーズにする環境づくり


少子化の影響もあり美容学校生が減少し、新規採用が厳しい状況になっています。また、せっかく採用しても、よく理由もわからないまま辞めてしまうというケースも増えているようです。リクルーティングのコストだけかかって、よい人材が得られなければ経営上の損失も大きくなり、今後の展開でも大きな課題を抱えてしまいます。
最近、早期離職の話題が頻繁に上がるようになりましたが、その背景には「イメージしていた仕事とは違う」「下積みの時間が長く、なかなか独り立ちできない」といったような現状の仕事に満足できない、モチベーションがわかないことで、より充実した仕事ができる(できそうな)職場を目指してお店を辞めるケースがあります。また先輩の働き方と給与や福利厚生などを目前にして、将来に不安を抱いて美容師自体をやめてしまうケースも増えているようです。そこで、3月号の巻頭特集では、最近の学生の仕事に対する意識や将来像などを探りながら、サロンの事例をご紹介。定着率の高いサロンの共通点を整理します。

クイック検索
 
キーワードを入力し、探している商品を検索します。
高度な検索
OnlineShop Oversea