ディスプレイだけで顧客に信頼感を与える?! 『an-T』流・商品棚のレイアウト
an-T/高山智行代表

宮崎県宮崎市に2店舗構える

『an-T』さんは、

市内では高級サロンとして

お客様から支持されているそうです。

先日お邪魔させていただいたとき

目を惹いたのが、こちら

商品棚です。

商品棚はお店の真ん中に配置してあり、

重厚感のあるセット面とは打って変わって

カジュアルにディスプレイされていました。

そのギャップまたいいんですよね。

にぎやかに、たくさん飾ってあると、

思わず吸い寄せられるのが心理。

施術が終わったお客様が

ふらっと立ち寄ってしまうのが目に浮かびます。

「放置タイムのお客様も自由にご覧いただいております」とは

BRANCHE店・店長の関谷佳奈さん。

商品棚は必ずしも、

店販につながらなくても

会話の糸口になりますよね。

ヒトは、他者との接触頻度が増えると、

その人に親近感を持ち、信頼しやすくなる。

さすがです。接触頻度の心理法則を

上手に活用したサロン配置。

みなさんも、そんな心理学的な効果を狙って

自店のレイアウトを見直すのも

面白いかもしれません。

スポンサーリンク