お客様に喜ばれる予防美容サロンとは
ハーブマジックオーナーズセミナー / 三口産業

11月19日(火)、三口産業(三口雅司代社長)主催の「ハーブマジックオーナーズセミナー」が、大阪・インターコンチネンタルホテルにて開催された。このイベントは、同社の「ハーブマジック」ブランドの導入サロンのオーナーが全国から集まり、サロン成功事例を共有したり、最新の予防美容の情報が報告される。


冒頭、三口社長は「景気は冷え込んでいるが、美容・化粧は歴史も旧く、本能に根ざした分野。方法によっては有用性、発展性が感じられる。おおいに情報を発信していきたい」と挨拶した。さらに同社64期の基本テーマ「中小のサロンを元気にする」と、その具体的な施策として1. 顧客定着型サロンづくりへの働きかけを徹底 2.訴求性・精度の高い商材・ソフトの開発・提供 3.美容業界に対する積極提唱 を説明した。
続いて同社ハーブマジック課の濱村忠之課長による「2019年ハーブマジック計画」の発表が行われた。講習の反復による記憶の効果、「108」シリーズの新製品、「安心の流通管理」に向けた環境整備などが報告された。


次に開発本部長・島計雄専務が「お客様に喜ばれる予防美容サロン『新メニュー展開とRDRからレドックスへ』と題し、講演した。ハーブマジックの生みの親である島専務が予防美容の観点から同製品群を活用する内容の講演に、島専務からの日頃の講習も受講をしているオーナー達は熱心に聴き入っていた。
休憩をはさみ小林メディカルクリニック東京の理事長・院長である小林暁子医学博士が特別講演を行った。「血流と腸内環境が人生を左右する、腸が変われば人生が変わる~健美腸~」をテーマに腸がいかに健康にとって大切な存在であるかを、食事・生活習慣、さらには美容分野に亘る解説で、多くの受講者は興味深く耳をそばだてていた。


講演会の後は懇親会が行われた。フルコース料理が供され、参加者は存分に親睦と交流を深め、歌の余興などで多いに盛り上がった。