150社、280名を集め新年のスタート
平成三十一年 新年賀詞交換会 / 滝川

1月4日(金)、滝川(瀧川睦子社長)は「平成三十一年新年賀詞交換会」を東京・台東区の浅草ビューホテルにて開催した。同社の取引先関係者など約150社、280名が参加し、新しい年のスタート祝った。
毎年恒例の社歌斉唱は、今年は1月10日に傘寿(80歳)を迎える瀧川晃一会長、瀧川睦子社長をはじめ役員、各部門長により行われ賀詞交換会はスタート。続いて瀧川社長が年頭の挨拶に立った。


瀧川社長はまず、会長が80歳、同社が創業88年を迎えることに触れ、得意先、取引先、関連団体、同社社員の協力に謝辞を述べた。平成最後となる今年は「新たな挑戦の年」であり、商品サービスが広がっているなかグループ全体でさまざま領域への提案を宣言。「皆様にご協力できるよう、社員一同がんばりたい」と結んだ。
続いて来賓を代表して、山東昭子参議院議員、日本エステティック協会理事長・久米健市氏が祝辞を述べた。
瀧川晃一会長と来賓らによる鏡開きに続いて田尾大介・アリミノ社長の発声で乾杯が行われ、祝賀会は開宴。


熊手が当たる抽選会や浅草の「振袖さん」たちによる踊りなどで、華やかな雰囲気のなか、列席者たちは賀詞を交換した。