「SHINBIYOフォトシューティング」開催
今年もたくさんの美容師さんが参加してくれました!

昨年から開催している「SHINBIYO フォトシューティング」。これは、毎回テーマに沿って、ヘアを仕上げたモデルを連れてきていただき、弊社フォトグラファーが撮影するという、誌上コンテスト形式のイベントです。「たくさんの美容師の方々に出会いたい!」「月刊『SHINBIYO』で、企画にご協力いただける方を見つけたい」という編集部の想いからスタートしました。

このイベントを今年も、6月4日(火)に、弊社・西麻布本社の地下スタジオにて開催しました! ここでは、その様子をお伝えしたいと思います。

今回のテーマは、「レイヤースタイル2019」。レングスやテイスト、ヘアカラーなどは自由。日本人の女性モデル限定(ハーフは可)。創作的すぎるものではなく、リアリティを感じさせる「サロンでオシャレなお客様に提案したいレイヤーの入ったスタイル」で競い合っていただきました。

当日は、事前にお伝えした集合時間にいらしていただき、A、B、Cと3つのブースに分かれて撮影。お一人の持ち時間は、撮影と写真選びを含めて25分。とてもタイトな時間なのですが、フォトグラファーと撮りたいアングルを相談したり、ヘアを動かして、ステキに見える瞬間を探したりと、みなさん、集中して撮影に取り組まれている様子が印象的でした。

また、モード系をはじめ、ストリート系、エレガント系、フェミニン系など幅広いテイストのデザインが見られ、出場してくださった方々の豊かな個性と、レイヤーという技術の可能性を感じました。

事前にお伝えした集合時間にいらしていただき、受付をしていただきます。

今回は編集とカメラマンが1人ずつ組になり、A~Cのブースで撮影。

お一人の持ち時間は25分。ライティングは決まっていますが、撮りたいアングルやイメージなどを相談しながら撮影します。

時間内に写真選びを行い、1枚セレクトします。

今回、50名以上のスタイリストの方々が、関東エリアはもちろん、遠方では大分県や大阪府、愛知県からも参加。モデルに衣装を着せ、ヘアのスタイリングまで仕上げた状態でスタジオにいらしていただくというルールのため、スタジオまでの移動などとても大変だったと思います。それでも、参加してくださったみなさんの情熱に、編集部一同、本当に感謝です。

今年は東京大会のみの開催となってしまったのですが、今後もこのイベントを続けていきたいと思っています。今年ご応募いただけなかった方も、次回、参加してくださいね。

今回撮影させていただいた作品は、すべてSHINBIYO10月号(9月1日発売)にて掲載します。これから編集部で厳正な審査を行い、優秀な賞を獲得された方には、来年11月号以降のデザイン企画をご依頼させていただきます。どなたの作品が選ばれるのか、是非誌面を楽しみにしていてください。

仕上がりの写真はすべて誌面に掲載いたします。こちらは、2018年大阪大会の結果。

スポンサーリンク