大阪・太閤園に14社が参集 
アモロス共栄会第27期総会 / アモロス・アモロス共栄会

アモロス共栄会(遠山晴能会長)第27期総会が、6月17日、大阪市の太閤園で開かれた。
冒頭、アモロス社長・榎本昌治氏が挨拶に立ち、「各地から関西に来ていただいているので歴史あるこの会場を選んだ」と太閤園の由来などに触れ「昨年、西日本豪雨災害で被害が大きかった広島県と岡山県の美容組合に対して義援金を送ったが、その返礼として広島よりしゃもじをいただいた。2019年のテーマは『利用者目線の価値創造』。ネット流通の対策なども進めていきたい」と語った。


坂口武史事務局長が出席状況を報告。会員数27社、出席14社、委任状12社で会議が成立したことを宣言し、欠席の遠山会長に代わり高見元太郎副会長が議長となり議事を進行。活動報告、会計報告、会計監査報告、セールス研修の改正案提出、予算案が議事として挙げられ、いずれも賛成多数で可決された。
総会後に開かれたアモロスの新製品発表では、田中功・同社取締役営業本部長が「ハーバルカララ シンピ」を6月21日に発売することを発表。同社が56年前に発売した育毛剤「強力カララ」のDNAを受け継ぎ、満を持して発売となった。
続いて、東京・港区で美容室「JEWEL」を経営する磯崎康一氏の講演会が開かれた。9年間一人経営で大きな売り上げを作った経験から技術売上、店販売上をいかに上げるかのコツを伝授した。

会場を移し行われた懇親会では、アモロス幹部社員、会員たちが情報交換や懇親を深めた。

スポンサーリンク