顔と頭皮一体の進化系スパメニューGEAR SPA誕生
PLEACERT DEBUT RECEPTION/タカラベルモント

タカラベルモント株式会社(吉川秀隆代表取締役会長兼社長)は、9月3日(火)、東京都中央区のTHE MAGNUS TOKYOにおいて、PLEACERT DEBUT RECEPTIONを開催した。

理美容室・エステティックサロン専売の化粧品ブランドであるESTESSiMOから、2014年にエイジングケアコスメとして誕生した「PLEACERT」は、ヘッドスパとフェイシャルスパが融合した進化系フェイシャルスパコスメとして生まれ変わり、顔と頭皮を一体でケアする新発想のフェイシャルスパラインとして9月20日から順次発売される。

はじめに、同社理美容事業部・副事業部長であり化粧品統括の岩瀧正之氏より挨拶があり、40年の歴史を持つESTESSiMOがブランド誕生以来、新しいコンセプトに基づくプロダクトやメソッドを次々と開発し、美に携わる世界の人々に提案し続けてきた事や、これからも進化を遂げながら貢献していきたい考えであることが語られた。顔と頭皮一体の進化系スパメニューGEAR SPA(ギアスパ)をきっかけに、美容室での提案の幅が広がり、ロイヤルカスタマー育成に導くフェイシャルスパメニューの提案を叶えることが紹介させた。

次に、「PLEACERT」のプレゼンテーションと、同社化粧品研究開発部の学術博士である萬成哲也氏によるメカニズムの説明が行われた。女性の多くが感じている、身体の疲れが肌に出やすいことや、スキンケアをしても効果が出にくい点について、その悩みを引き起こす原因の一つである血流低下による肌のターンオーバーに必要なエネルギー不足に着目。また、顔と頭の皮膚や筋肉、血管のつながりに着目。顔と頭皮共通の表情筋を、顔と頭皮一体で引き上げ、ヘッドスパを熟知している美容師だからこそ提案できるGEAR SPA(ギアスパ)が、新発想のスパメニューとして顔と頭両方の血流を促し、連動ケアで新たな可能性が生まれ、それぞれのケア満足度も高まることが、研究内容などと共に詳しく解説された。

また、肌の土台ケアで潜在的な美しさを引き出すとともに、顔と頭皮のひとつながりのケアで美しさを引き上げ、輝きに満ちたエネルギー感あふれる“誇れる肌”に導くデモンストレーションや、導入サロンへのインタビューとして、女性客だけでなく男性客へも実感を提供できたエピソードや製品特長、検証結果などについてコメントが紹介された。

最後に、同社エステシモ営業部の小抜淳二部長より、心身さまざまな方向からアプローチすることで、お客様の全体的な美しさを引き出し、高めてゆくことが目指すホリスティックビューティであり、ひとつながりで提案する価値やESTESSiMOが考える今後のサロンビジネスが語られた。