メンズヘアの新たな価値を届ける
WORLD MEN’S GROOMING 2019/有限会社水谷理美容鋏製作所

有限会社水谷理美容鋏製作所(水谷裕一代表取締役社長) は、11月18日(月)、東京都港区のTHE GRAND HALLにおいて、「WORLD MEN’S GROOMING 2019」を開催した。
「WORLD MEN’S GROOMING 2019」は、メンズヘアの最先端技術やデザイン紹介のライブイベント。世界各国からトップアーティストが集結しコラボが実現した4ステージが展開。
第1ステージの”アレンジスタイル”では、APACHE:川上昌博氏、MR.BROTHERS CUT CLUB:Julian氏、OCEAN TOKYO:七五三掛 慎二氏の3人が登場しカットを披露。フェードの基礎的な技術だけでなく、トップの部分にそれぞれのアレンジを加えて様々な年代の男性に対応できるヘアスタイルをつくりあげた。
第2ステージの”クロスオーバー ”では、イギリスで活躍しているKevin Luchmun(ケビン・ラッチマン)とアメリカで女性バーバーとして活躍しているWhitney VerMeer(ホイットニー・ヴェルメール)2人による、理容と美容の技術を取り入れたカットを披露。
第3ステージの”ルーゾースカンバサダー”では、『REUZELの公認講師(ルーゾースカンバサダー)』の試験に合格した者のみ取得できる講師資格で、世界で60人のみとされる中、日本で公認講師として資格を取得しているWONDER:笠原 宏志氏、ENTRUST:國本 篤氏、Dampfer:岡部 裕氏がカットだけでなく、お客様がスタイリングしやすい技術の提案、シーン別のポマードの使い方などを丁寧に披露した。
第4ステージの”クラシカルスタイル”では、バーバースタイルのトレンドの火付け役でもあるSCHOREM Bertus&Leenが伝統的なクラシックヘアに、新しい個性と独自の要素を加えたヘアーカットを披露。
500名を超える来場者は、SNSでは感じられない臨場感ある4つのステージを楽しみ、展示ブースでは2020年に発売予定の新製品シザーに触れるなど情報収集をし、講師との交流も行われ会場は熱気に包まれていた。