中谷人志氏逝去
訃報 / アドバンストヘアー ナカタニ 会長

アドバンストヘアー ナカタニ会長:中谷人志(なかたに ひとし)氏が、去る4月18日ご逝去された。享年76歳。COVIDー19で自粛要請の中、葬儀は4月24日、家族葬で執り行われた。喪主は御長男/同社代表取締役社長:中谷剛志(なかたに つよし)氏。
中谷人志氏は、1943年11月27日生まれ。山口県出身。理容師となり、日本一の理容師を目指し、1965年に上京。1980年「第32回全国理容競技大会」で日本チャンピオンとなる。弟子にのれん分け後、現在都内を中心に5店舗の「アドバンストヘアー ナカタニ」を経営。人材育成にも情熱を注ぐ。弟子は100人以上と言われ、世界チャンピオン2名、日本チャンピオン6名を見事に育てあげた。1996年には、全国初のバリアフリーサロンをオープン。
生涯自分を育ててくれた理容業界に、業界人として恩返しをすることを自らの使命とし、長きにわたる阪神淡路大震災孤児のための「浜風の家」支援活動の他、中学・高校・大学・専門学校などでの特別授業、企業や団体での講演活動など幅広い社会活動にも携わるなど、常に若者たちに実践して範を示された。東京都教育委員会キャリア教育21副代表他を務める。著書に「夢への階段」(2003年、双葉社刊)がある。2011年秋の叙勲で黄綬褒章を受章。