エステティシャン対象の新型コロナ抗体検査あっせん開始
日本エステティック機構

日本エステティック機構(理事長:福士政広(東京都立大学大学院教授))は、エステティックサロン内の新型コロナウイルスの感染防止の更なる徹底を図ることを目的に主にエステティシャンの方を対象として新型コロナウイルスを対象とした抗体検査のあっせんを実施することを発表した。

エステティック産業は、お客様と至近にてサービスを提供するため、感染対策を行っても新型コロナウイルスへの感染の懸念がお客様と施術者両方にあることから抗体検査をおこなうこととした。このことにより、過去に新型コロナウイルスに感染したことがあるかどうかが判明でき、過去に感染していないことが判明すれば、そのサロンはサロン内外での感染予防対策が徹底していたことの証明となる。

実  施:一般財団法人全日本労働福祉協会

医療機関:上記協会直営医療機関(東京(九段下・旗の台)・名古屋)

方  法:医療機関にて血液を採取し、その血液から新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のヌクレカプシド蛋白質に対する抗体(IgGを含む)を検出する定性検査(その存在の有無を確認する検査)。医療機関における採血による検査。

費  用:サロン認証事業者 1名あたり 5,720円

サロン登録事業者 1名あたり 6,050円

一般       1名あたり 6,600円

お申込み:以下のフォームからお申し込みができます。

スポンサーリンク