人と製品が寄り添い次の100年を目指す姿を表現
創業100周年記念ロゴマークを社内公募により決定 /タカラベルモント株式会社

タカラベルモント株式会社(吉川秀隆代表取締役会長兼社長)は、「美しい人生を、かなえよう。」をパーパスに来年2021年10月5日に創業100周年を迎えるにあたり、国内外全社員を対象にした社内公募にてデザインを募り100周年記念ロゴマークを決定した。この公募は、コロナ禍における社員と経営層を繋ぐインターナルコミュニケーションの一つである社員参加型の周年活動として開催され、選出された。

カラーデザイン

色黒デザイン

応募作品が選ばれたデンタルメディカルグローバル事業部山口陽平氏は、「このような形で100周年に寄与できることがとても嬉しいです。6年前のアメリカに駐在していた頃、日本だけでなく海外でも広く受け入れて頂いているタカラブランドや当社製品への愛着は更に強まりました。次の100年でも愛されるブランドと製品とともに良い事業活動ができるよう、ロゴデザインに思いを込めました。世界に広く当社の思いや良さがこのロゴを通して知って頂けたら嬉しいです。」と述べ、この100周年記念ロゴマークは、2020年10月5日から2022年9月までの2年間、タカラベルモントグループの広報・広告活動、各種営業ツールなどで使用されていく。

人が繋ぐ思いと、製品に込める情熱とともに歩んできた100年であり、100thの 「t」を人に見立て、「h」を同社製品である椅子に見立て、人と製品が寄り添う姿が表現されている100周年記念ロゴマーク。これからの100年も同社の新パーパス(企業目的)である「美しい人生を、かなえよう。」になぞらえ、「人々の美しい人生をかなえる」という思いをこめて描かれている。また、次の100年を目指す意味を、100の数字の更に向こうを指すことで表している。「h」の周囲には、長年愛着が持たれているタカラベルモントのシンボルマークが潜んで見えるデザインとなっている。