BICHD、ダリア、タチカワが資本業務提携解消
資本業務提携解消/BICHD、ダリア、タチカワ

BICホールディングス(以下BIC)、ダリア(共に高木進一 代表取締役社長)並びにタチカワ(立川智宏 代表取締役会長・佐々木毅 代表取締役社長)が資本業務提携の解消を発表した。

  1. 資本業務提携解消について

ダリア並びにタチカワは 2016年12月19日に仕入業務、ロジスティクス業務の統合、サロンサポートに関するノウハウの共有等による成長を目的に資本業務提携契約 を締結、BICを設立運営してまいりました。

資本業務提携は一定の成果を挙げたものと判断しておりますが、コロナウイルス感 染症拡大による経済状況の変化に対し、ダリア並びにタチカワ両社において意思決定を迅速に行いそれぞれの強みを活かした活動を図ることが必要であると判断し、資本業務提携を解消するための協議を進めてまいりました。

その結果、BIC 及びダリア並びにタチカワの3社とBICの株主の間において、資本業務提携の解消に関して合意にいたったことから、資本業務提携を解消することといたしました。

なお、業務提携に関してはダリア並びにタチカワにおいて今後の提携内容の協議を 進め、改めて業務提携契約を締結し業務提携関係を継続していくことを予定しております。

  1. 資本業務提携解消の内容

(1) 資本業務提携解消の時期

2021年8月31日を予定しております。

(2) 資本業務提携解消後の資本関係

資本業務提携締結以前のタチカワ株主が保有するBIC株式はBICが自己株式として取得します。 BIC が保有するタチカワ株式はタチカワが指定する者に売却します。そのため、BIC とダリアの資本関係に関しましては従来通り継続いたしますが、BIC及びダリアとタチカワの間に資本関係は無くなります。

(3) 仕入業務、ロジスティクス業務及び代理店契約について

資本業務提携解消後、現在BICが行っている仕入業務、ロジスティクス業務のうち、タチカワに関する業務はタチカワにおいて実施いたしますので、順次ご協議いただきますようお願いいたします。

また、上記に伴い、タチカワとの代理店契約については改めて締結をお願いいただきたく、タチカワとご協議いただきますようお願いいたします。