山本恵美さん(RAY Beauty 一宮店)のサイエンスアクア「クレンジング& 美髪チャージ」活用術
ネクストイノベーション

ママ世代が求めているケアはボリュームダウンさせずに
ツヤ と まとまり感 を出してあげること

山本恵美さんは自分自身も子育てをしながら美容師をしてきたということもあって、付いているお客様も圧倒的に30 代、40 代のママさん世代が多いのだそうだ。「その世代のお客様は、やはり出産を経験したことによる抜け毛や、髪にハリコシがなくなるという悩みが多いです。しかも、お客様の8 割以上がヘアカラーをされますから、ダメージが進んでパサついたり、加齢によるうねりという悩みも加わってきます。そういう意味でヘアカラーをするということを前提にしたケアが当然大切になりますが、今までのトリートメントだと、しっとり感は出るのですが重くなりすぎて、ペタンとボリュームダウンしてしまってなかなか提案しづらかったんです」その課題を解消するため、山本さんが最近カラー前にケアアイテムとして行うようになったのが、サイエンスアクアの『クレンジング& 美髪チャージ』なのだという。「潤いが出てパサつきを抑えてくれるのにボリュームダウンしないというのが使っている最大の理由です。しかも髪にハリコシも出るので、ママ世代にも最適です。ある程度のうねりに対しても落ち着かせる効果がありますしね。カラーと同時に行ってもツヤ感が高まりますし、それでいて仕上がり感が重くないので、お客様に提案しやすいんです」山本さんが、実際に「クレンジング& 美髪チャージ」をどう使っているのか、ご紹介していく。

サイエンスアクア「クレンジング&美髪チャージ」とは?

Step 1 pH12.5 のアルカリ電解水『パワーウォーター』で過酸化脂質等の汚れを除去素髪の状態に

地肌も含め、髪全体に『パワーウォーター』を塗布してクレンジングを行い、素髪の状態にリセットする。この時にパーマで使用する受け皿を利用して、クレンジングで除去した過酸化脂質やオイル等の汚れをお客様に見てもらうと、効果をアピールすることができる。

『S-AQUAパワーウォーター』

Step 2 pH11.1 のチャージ用電解水『OH』が脂質成分が入った『OH モイスチャー』を浸透促進させる

浸透促進させるチャージ用アルカリ電解水『OH』を使用して、脂質成分『OH モイスチャー』を髪の奥まで浸透させる。その後にヘアカラー施術を行うと、ツヤ感があり、色持ちのいい仕上がりを実現することができる。

『S-AQUA OH』

『S-AQUA OHモイスチャー』

「クレンジング& 美髪チャージ」の活用ポイント

カラー前にプラス20分の
ひと手間で上質感が格段にアップ

「クレンジング& 美髪チャージ」をされるお客様はヘアカラーと併用されるお客様がほとんどです。カラーによるダメージやパサつきを気にされる方が多いですからね。「クレンジング& 美髪チャージ」はヘアカラー施術の前に行います。カラー前に髪の内部に脂質を閉じ込めることで、カラーのツヤ感だけでなく、色の持続性が高まります。プラス20 分のお時間をいただくことになりますが、それだけの価値があると多くのお客様に実感していただいています。サロンでは、髪の長さで料金が変わってくるのですが、プラス8,910~ 13,310 円(税込)で提供しています。

硬くならず柔らか質感を再現
失敗の心配がありません

カラーの色味が変わる、髪が硬くなるといった心配が全くない施術です。アイロンもウエット状態で行うのですが、『mamorukun』というカバーを付けて髪を温める程度の温度でテンションをあまりかけずに行うので、タンパク変性などの心配がなく、アシスタントにも安心して任せられます。最後にブローでしっかり熱を加えることでさらにツヤ感がアップします。

Hair & Make-up / EMI YAMAMOTO(RAY Beauty 一宮店)

「クレンジング& 美髪チャージ」プロセス
❶クレンジング用電解水『パワーウォーター』塗布
❷水洗後 チャージ用電解水『OH』塗布
❸脂質成分配合『OH モイスチャー』塗布
❹チャージ用電解水『OH』再塗布
❺カバー装着アイロン工程
❻水洗後 カラー施術
❼シャンプー⇒『プロテクト』塗布
❽頭皮保護『Spa-X』塗布
❾ドライ⇒ブロー
プロフィール
山本恵美(やまもとえみ) 1983 年生まれ、愛知県出身。名古屋美容専門学校卒業後、出産育児のため5 年間のブランクを経て、サロンに入店。30 歳で技術者デビュー。現在「RAYグループ」のクリエイティブマネージャーとして一宮店に勤務。4 年前から始めた、アレンジヘアを紹介したインスタグラムでブレイクし、多くの顧客を抱えている。

S-AQUA オフィシャル