サロンワーク

『LINE』を活用した、ヘアチェンジ後のアフターフォロー

ヘアカットやヘアチェンジをした後のお客様へのアフターフォローとして、『LINE』を活用した効果的なアプローチを、池袋『Lond aventus』『Lond soleil』の代表である、山口健太さんに教えていただきました!

edol qon × SHINBIYO ~発色と白髪の染まりを両立する❝オトナ透明感カラー❞カタログ…

ファッションカラー感覚で楽しめる ❝オトナ透明感カラー❞ 白髪をしっかりカバーしながら色のニュアンスも表現でき、グレイカラーの可能性を広げる「エドル クオン」。 2024年春、4つの新色と「エドル オキシ AC1%」が誕生し、お客様へ...

水を使った日常的な仕事の付加価値アップにつながるナノバブル発生装置

近年、トリートメントやヘッドスパなどに代表されるシャンプー台で行うヘアケアメニューが増加している。今回紹介する株式会社マイクロバブル・ジャパンの『marbb3(マーブ3)』は、そんな時流の中で大きな話題になっている製品だ。 こちらはシャンプー台に取りつけて使用する、マイクロバブルとナノバブル(ファインバブル)のハイブリッド発生装置。マイクロバブルもナノバブルも、水に空気を混ぜて生み出すのだが、そのうちマイクロバブルは1~100㎛(マイクロメートル)、ナノバブルは1㎛以下と非常に微細な気泡となっている。

ケミカルダメージで緩んだ髪のフォルムを補正、維持する「メンテナンス」アイテムが登場

カラーやブリーチ、縮毛矯正やストレートパーマが当たり前となった昨今、髪のダメージを気にするお客様が増えている。それに伴い、傷んだ髪に継続的にケミカル処理を行えるような環境を提供する必要性が生まれ、業界的にも様々な商品開発が行われてきた。タマリス株式会社から2019年に発売された『HAIRCHEMIST』は、そんな要望から生まれた処理剤シリーズだ。そこから、今回新たに誕生したのが『HAIR TENDER』と『SLEEK KEEPER』。

お客様へのカウンセリングを代理するのではなく、コミュニケーションをサポートする新しいミラー

時代のニーズに合った製品やオリジナリティのある製品を生み出す現場の裏側を取り上げるこの企画。 第2回目は今年の10月にタカラベルモント株式会社から発売された、次世代型スマートデバイスミラー「ECILA(エシラ)」について、製品化に至るまでの裏側などを開発本部の中山健太郎氏にお聞きしました。

ヘアデザインに集中できるシンプルな使用法で 「補修」「除去」「保護」を叶えるマルチな処理剤

カラーやパーマの新しい技法が誕生する度に、処理剤も進化を続けてきた。昨今もハイトーンカラーが格段に普及したことで、施術時の毛髪補修や補強、施術後の残留物の除去までが欠かせないプロセスになっている。その一方で、処理剤が細分化するあまり、工程の煩雑化やコストの増加を招いている側面があるのも事実。今求められているのは、“効果的なケア力を備え、シンプルかつ簡単に使えるアイテム”だろう。 そんなニーズを捉え、株式会社千代田化学の新ブランド「センス」シリーズから、『acid water 2.5』と『re:free water』が誕生した。この2品は同ブランドの既存ラインナップ『カクテルアシッド2.5』と『フリーDO』のリニューアル版という位置づけだが、具体的に何が変わったのか

サロンの水道水をより価値あるものへ変えていくために、『marbb』の持つ可能性をさらに多くの方へ伝え…

いま注目のあの製品が生まれた背景を、発売メーカーのトップに直撃インタビュー! 製品に込めた思い、企業として大切にしていることなど、根掘り葉掘りお聞きします。 今月はナノバブル発生装置『marbb』(マーブ)や、サロンの「水」が持つ可能性について、株式会社マイクロバブル・ジャパンの髙林社長に伺いました!

ワンランク上の「白髪ぼかし脱白髪染め」メニュールポ

白髪ぼかしの処理剤は、いかに“効かせるか”がカギ!

処方を磨き、極限まで効果を高めたブリーチと ブリーチオンカラーに特化したプレックスのニューアイテム

長い期間をかけて渾身の想いとこだわりを持って開発したブリーチとプレックス ブリーチオンカラーのデザインが定番となった今、サロンワークで問われるのは施術の“質”だ。

『ROSSO』原田タダシさん流 スタッフが輝く組織づくりとは? 『ザ・ターニングポイント』取材こぼれ…

好評連載『ザ・ターニングポイント』、9月号は東京・西荻窪と下北沢に直営店4店舗、ファミリーサロン2店舗を構える、『ROSSO』が登場です。今年還暦を迎えたという代表の原田タダシさんは、「人が好き。人の話を聞いたり、人のために時間を使うのが好...