ライスオイル※配合の頭皮専用クレンジングオイルで、毛穴汚れをすっきりオフ

オイルクレンジングで汚れを除去してホームケアの効果を高める

ハーバルカララシンピスキャルプクレンジングオイル

和漢植物成分の力を利用して頭皮環境を整える、アモロス株式会社のヘアケアシリーズ『ハーバルカララシンピ』に、新しく『スキャルプクレンジングオイル』が加わった。『ハーバルカララシンピ』は薬用シャンプー&薬用トリートメント、薬用育毛剤というホームケアだけのラインナップだが、この『スキャルプクレンジングオイル』は美容室専用商品となる。今回、この製品を新しく加えた背景や製品特徴を、アモロス株式会社の研究部部長 辻信之さんとマーケティング部企画課 松田貴夢さんにお聞きした。

 

「『スキャルプクレンジングオイル』を新しく加えた背景としては、サロン様から、“漢方処方で大人女性の頭皮環境を整える”というコンセプトの『ハーバルカララシンピ』が店販品として好評なので、サロンメニューにも導入できるようなアイテムがほしいという声をいただいたことがきっかけです」(辻さん)

 

美容師の声から生まれたという『スキャルプクレンジングオイル』は、『ハーバルカララシンピ』がホームケア商品ということもあり、オイルクレンジングで皮脂を除去し頭皮を柔軟に保つことによって、日々のホームケアの効果を高めることを目的としている。

 

「大人女性の頭皮は乾燥していることが多く、その結果、頭皮を守ろうと皮脂が過剰に出ている方が少なくありません。それを放っておくと抜け毛などの原因となるため、やさしく取り除く必要があります。今回の『スキャルプクレンジングオイル』で使用しているライスオイル※は、オレイン酸やリノール酸などを豊富に含んでおり、皮脂とよく馴染んで汚れを取り除くだけではなく、頭皮を柔軟にする効果もあります」(辻さん)

 

ライスオイル※に注目したのは、『ハーバルカララシンピ』シリーズが、和漢植物などをベースとした成分で構成されているから。その他にも様々なクレンジングオイル成分を試したが、ライスオイル※には頭皮の潤いを持続する効果のある「γ-オリザノール」や、セラミドに似た働きをして頭皮のキメを整える「コメヌカスフィンゴ糖脂質」などが含まれており、その美容成分の豊富さによって採用になったと辻さんは話す。

 

「しかしライスオイル※は安定性にかける部分があり、開発過程ではその点で色々と苦労がありました」

また、乾いた頭皮とタオルドライ後などの濡れた頭皮の両方に使える2ウェイ処方にこだわったのも、サロンの現場での使いやすさを考えたからだという。

 

「濡れた頭皮でも使えるようにすることで、この製品を使用するタイミングの幅が広がり、様々なメニューに組み込むことができるようになりました」(松田さん)
頭皮のクレンジングというと、男性やオイリー肌の方など油分の多いお客様が対象と考えがちだが、頭皮が乾燥しがちな大人の女性こそクレンジングを習慣づけてほしいとお二人は話す。
この『スキャルプクレンジングオイル』は頭皮に潤いを与える効果も高く、カラーやパーマ後などにも使用できる。カット後のクイックスパからカラーやパーマと組み合わせたメニュー構成まで幅広く活用することができるため、大人女性の頭皮の健康をサポートする上で欠かせない一品となるだろう。


左:研究部部長  辻 信之さん
右:マーケティング部企画課  松田貴夢さん