【今月の読者限定動画】白髪、ボリューム、輪郭…50代の悩みを解決する「大人丸みショート」

SHINBIYO8月号特集は、「今のトレンドを大人の素材にどう合わせる? 50代ショートのカットをアップデート」です。 人気の丸みショートは重心が下がりやすい!! メイン企画は、「50代向け『丸みショート』のカットテクニック」。...

2種のオイルを配合した新感覚の カラートリートメントが色持ちと発色の良さで人気

長く売れている「ヒット製品」には、愛される理由があります。 このコーナーでは、そんな珠玉の逸品を取り上げ、ヒットのヒミツを大解剖。 ユーザーに愛される理由を様々な角度から探ります。 『 TOKYO COLOR PALETTE ...

【カバーデザイナー×編集長インタビュー】SHINBIYO7月号『HAIR MAKE âge』牟田恭英…

カラーリスト歴20年越え『HAIR MAKE âge』牟田恭英さんに聞く「白髪ぼかし」の今

メンズの髪から顔の印象まで 新たなスタイル提案を可能に

スキンケアや眉毛の手入れは当たり前。美容は自分自身を高めるために必要なものー現代20代男性の美容に対する意識はこれほど高まっている。メンズ美容市場に従来以上に注目が集まっているのも当然だろう。そうした新しい価値観を持っている男性を対象に、株式会社アリミノが2024年3月に発売したのが新スタイリングシリーズ『MarkU』だ。スタイリング剤と言っても髪だけでなく、眉毛まで含めたラインナップになっているのが興味深いところ。ヘアスタイリング剤として「ジェルグリース」「ベースミルク」、そしてアイブロウスタイリング剤として「アイブロウワックス」「アイブロウペンシル」が用意されている。アイブロウ製品は同社として初めての発売となる。

【YONAYONA CHEMICAL】ヤバすぎてレポートするのを控えていたストパーセミナーの後編

パーマやカラー、トリートメント、処理剤etc.……、 いろんなケミカルプロダクツのパフォーマンスを 夜な夜な検証している研究熱心な美容師さんを毎回、お一人、ご紹介する 「YONAYONA CHEMICAL」 ...

酸性カラーとジェル化オイルカラーを活用した新提案

「酸性カラーと、ジェル化オイルカラーの相性はバツグン!白髪カバーと色遊びのポイントは“Wカラー”にあります」 髪に優しい薬液にこだわり、多くのお客様から支持されている『MAISON b jour』。常に“お客様のために”を心がけ、ワンラン...

Wアワードに進化した「id 2023」ファイナルステージを追う~Follow the id 2023…

「id 2023」のクリエイティブアワードにてGOLD Prizeに輝いた『utuwa』の塚本麻貴さん(Ladies’ model)と、『One’s Power Group きくとこ』松澤佑興さん(men’s model)に作品の撮り下ろしをさせていただきました。 編集部が投げかけたテーマは「TEXTURE EXPRESSION」。 お2人の新しい質感表現への挑戦にご注目ください。

塩基性カラーがなぜお客様から支持されるか? カラー女子たちが解説

「色のきれいさだけでなく、ツヤ感や手触り感などの良さも高いので、お客様にお勧めしやすいんです」 ブームが一段落して、他店との差別化フェーズに入った「ブリーチオンカラー」。特にオンカラーで使う薬液に何か新しいものはないの ? そう思う人も少なくないのでは。 そんなあなたにうってつけ

処理剤「ファイアプリ」活用 格段実感のケアメニュー

処理剤「ファイアプリ」活用 格段実感のケアメニュー お客様のダメージレベルも変わり履歴も複雑になっている中、処理剤はとっても重要な要素。 PHY APPLI(ファイアプリ)はパーマ、カラー時の補修強化で、狙い通りの結果を出す処理剤。 業界最先端の技術を提供する超人気店美容室𝐯𝐢𝐨𝐥𝐞𝐭 `𝐣𝐞𝐦の代表で𝐓𝐎𝐏 𝐬𝐭𝐲𝐥𝐢𝐬𝐭の浅沼 雄元(あさぬま のりまさ)さんが、ファイアプリの特長とメリット、その導入の実態を本音で解説!

「トリートメント処方の2 剤」という逆転の発想から生まれた、 新世代のへアカラー

ハイトーンカラーやブリーチメニューが増加する今、カラー+ケアのテクノロジーは、各社共にしのぎを削って開発している分野だ。その中で今年3月に発売された、株式会社 千代田化学の『デラクシオ』の新カラー剤ライン『ミルフィ セプト』は、「トリートメントの処方に、カラー2剤(過酸化水素、以下、過水)の機能を付帯させる」という逆転の発想から、新たに開発された酸化剤『リシェプライマー』を採用した画期的な製品である